1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. エンタメ
  4. 『私とハルマゲドン(竹熊健太郎)』 投票ページ

私とハルマゲドン

  • 著者:竹熊健太郎
  • 出版社:筑摩書房
  • ジャンル:エンタメ
  • 復刊リクエスト開始日:2006/10/30
  • ISBNコード:9784480035745
  • 復刊リクエスト番号:36682

得票数
5票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

「サルでも描けるまんが教室」などで有名な竹熊健太郎氏による、80年代を中心としたオタク文化論の決定版。
筆者自身のオタクとしての経験を絡めて、アニメ・漫画といったサブカルチャーとオウム真理教の事件を探る。
大泉実成との対談も収録。

投票コメント

この本を読んで、今までオタク分析の本を読んでも分からなかった 「第一次オタク世代」の誕生と詳しい心理、オウム真理教との関係、 エヴァンゲリオンが生まれた背景を理解することができました。 是非復刊をお願いしたいです。 (2013/04/06)

1

浅間山荘事件など嫌悪すべき事件を起こしたで全共闘世代の政治性を批判して、生まれたシラケの世代。 しかし、そのシラケの世代からオタクやサブカルとしてのオカルトが生まれ、 宮崎勤事件やオウム事件などの同様に嫌悪すべき事件を起こしてしまった。 だとしたら、これからはどう生きればよいのか? シラケ世代に反発して安易に政治に回帰する前に先ずは歴史の検証をするべきだろう。 (2008/03/01)

1

ちくま文庫として出ていましたが、ネット上などでも古書価格の方が高くなってしまっている状況です。 オタク論として、80年代論として、オウム論として、竹熊氏の自伝的作品として、様々な読み方が出来る名著だと思います。 (2006/10/30)

1

竹熊氏の代表作。是非。 (2012/04/04)

0

今読んでも古さを感じさせない名著です。 (2007/08/07)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/10/30
『私とハルマゲドン』(竹熊健太郎)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『私とハルマゲドン』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る