1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『事の次第(サミュエル・ベケット 著 / 片山昇 訳)』 投票ページ

事の次第

  • 著者:サミュエル・ベケット 著 / 片山昇 訳
  • 出版社:白水社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/02/17
  • 復刊リクエスト番号:32684

得票数
48票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

小説の解体を極限まで推し進めながら、しかも渾然たる詩的宇宙を完成させ、もっとも音楽に近づいた最後の小説、小説の終わり。ベケット文学の総決算。

【刊行年】初版1972年
【判型】四六判【頁数】284頁
【価格】予価5184円(本体4800円)


投票コメント

小説の死、そしてベケットの死は後世に伝えていかなければならない最優先事項である。全ての可能性を提示し、それを事も無げに消し去るベケットの自己完結的宇宙。これはおそらく、現代に特有の円環小説もどき、リフレインの秩序的氾濫を消し去る上でも比類ない活躍を見せてくれるに違いない。 (2011/10/07)

1

若い頃、ベケットの「モロイ」に挑戦して撃破されたまま。 最近、図書館で借用して再チャレンジ。この時初めて遭遇したのが「事の次第」。英訳題「How It is」ってのもイイ。ショック。激震でした。「モロイ」どころじゃないです。 この手の本は手垢にまみれるまでチャレンジしないと解読できないと悟りました。ボク等冷やかしファンでこの位だから、専門家・若手研究者・学生はきっと困っているでしょう。マイナーな学術本ばかりの白水社さんも大変でしょうが、良い本がどんどん絶版になるのはまずい事です。 (2006/12/16)

1

mu

mu

これも高くなりすぎ。 バディウのベケット論が出るなど、ベケットへの入口が多少は増えているなどを踏まえて、ベケットの本にも復刊されてほしい。 (2016/02/29)

0

u

u

読んでみたい。 (2016/02/29)

0

ベケット、少ないです。 (2016/02/28)

0

もっと見る

新着投票コメント

読んでみたいので (2016/04/12)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

事の次第 サミュエル・ベケット 著 / 片山昇 訳
5,184円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/04/11
『事の次第』復刊決定!
2006/02/17
『事の次第』(サミュエル・ベケット 著 / 片山昇 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『事の次第』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

  • MANGA ARTS

TOPへ戻る