1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『特許法概説(吉藤幸朔)』 投票ページ

特許法概説

  • 著者:吉藤幸朔
  • 出版社:有斐閣
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/11/05
  • ISBNコード:9784641044777
  • 復刊リクエスト番号:26740

得票数
84票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

弁理士試験の基本書として!
特許法の最新情報を把握するために!
勉学にも実務にも最適のもっとも信頼されている概説書!

投票コメント

近年の弁理士試験の論文試験は、この本をネタにした問題が多数見受けられます。また、実務家でも参考している方が多いと聞きます。デ生きれば、最新の改訂版の出版が望ましいのですが、著作者がすでに他界していることもあり、また、古書市場でもたいへん高価でなかなか手が届きません。最低でもオンデマンド版での復刊を希望します。 (2014/09/15)

1

吉藤先生は法律家ではなく特許庁OBであったことから、この本は体系書とは違うのかもしれません。 しかし、実務を知らない学者さんにはできない実際の庁の実務に関わった方ならではの(亡くなられてからかなり時間が経過し、事情はかなり変わっているのかもしれませんが)法解釈を、手軽に読めるよう復刊して欲しいです。 以前有斐閣さんに問い合わせてみたところ、「現在改訂中のため、オンデマンド出版をやめています」との回答をいただいたことがありますが、いまとなっては改訂は困難ではないかとは思います。 第13版のままでのオンデマンド復活を希望します。 (2011/09/25)

1

弁理士試験の特許法では、今なお青本・審査基準に次ぐ重要性を有している。しかし、現状では入手困難なため、「受験テキストのタネ本」の地位に甘んじている。切り貼りされていない、ナマの「吉藤」を読んでみたい。 (2011/03/03)

1

key

key

図書館に幸いにも置いてあったので読んでいる途中ですが本当に隅々まで丁寧に解説してある良い本です。もし買えるのならば是非手元にも置いておきたいです。 欲を言うのならば、ここ6年でかなりの改正(異議申し立て制度の無効審判への統合等)が行われているので、それに対応した版が欲しいのですけれど、とりあえず現状のでもいいので買えるようにしてほしいです。 (2006/10/29)

1

一時オンデマンドで入手可能であったのに今入手できないのは、弟子の先生が続編を書く意思を示しているから、即ち”絶版”ではないからだそうです。先生!すぐに出せないのならとりあえず”出さない”って言ってくれませんか?そうしたら"絶版”ということでまたオンデマンド版が入手可能になるんですぅ・・どうぞよろしく。 (2006/10/15)

1

もっと見る

新着投票コメント

基本書であるため、ぜひ復刊をお願いします。 (2017/01/14)

0

もっと見る

投票する

読後レビュー(1件)

  • 復刊したら買います

    ナオキ 2012/09/20

    確かに、古い部分がありますが、それでも手元におきたい。
    復刊したら買います。

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/11/05
『特許法概説』(吉藤幸朔)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2011/01/28
復刊活動:「特許法概説」
《交渉結果》出版元へ復刊の可能性を打診 【1/27(木)】

復刊の可能性をご検討いただけるよう、出版元へお願いいたしました。皆様へお伝えできる情報が入りましたら、改めてお知らせいたします。なお、出版社や著者へ直接お問い合わせされることはご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
(交渉先:有斐閣)

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『特許法概説』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る