1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ルドン 私自身に(オディロン・ルドン 著 / 池辺一郎 訳)』 投票ページ

ルドン 私自身に

  • 著者:オディロン・ルドン 著 / 池辺一郎 訳
  • 出版社:みすず書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/09/16
  • ISBNコード:9784622015222
  • 復刊リクエスト番号:1719

得票数
96票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

少年の日の記憶、普仏戦争での一兵卒としての体験、植物学者や銅版画家との交流など。幻想の画家による限りなく美しい約100編の断章を収録する。

【刊行年】初版1983・最終版2007年
【判型】A5 【頁数】248頁
【価格】予価3888円(本体3600円)

投票コメント

複数の展覧会で作品を見て、画家自身にもとても興味を持ちました。 展覧会での作品解説では他者の視線からのルドン、および作品の解説がなされていますが、画家自身が自身とその作品についてどのような言葉を残しているのか、ぜひ読んでみたいと思います。 (2014/01/13)

1

ルドンの絵は素晴らしい。鬼気迫る何か、寂寞感を感じさせる何か、 とにかく言葉に表せない「何か」が作品の中にこれでもかと詰まっています。 そんなルドンの手記があるならば、是非読んでみたい。 何を想い、何を創ったのか、その一端に触れる機会が是非欲しいです。 (2006/09/28)

1

オディロン・ルドンという画家について知りたければ、彼の自著の翻訳である「私自身に」は必ず読みたい本です。私は是非復刊された暁には購入したいですが、採算面で苦しい状況があったとしてもやはり復刊を強く望みます。 (2006/05/21)

1

ルドンが好きな画家の一人です。 ある日先輩画家との飲み会で、「あのルドンの書いた本は良かったなあ・・。あれは読んでおいた方が良いぞ・・」 「題名?何ていったかな・・??」「有名な本だから、書店でルドンの書いた本と言えばわかるぞ」と諸先輩画伯が言うのでその諸先輩から借りようと思っていたら誰も持っておらず、検索していたら、「復刊・コム」さんに行き着いた次第です。 何卒、諸先輩たちが読んで学んだ「私自身に」を是非復刊して頂きたいと願っております。 よろしくお願いいたします。 (2006/03/27)

1

ルドンが大好きで、関連する本や作品集は買うことが多いです。けれども『私自身に』は、図書館にさえ置いていなくて、他市や大学図書館にまで手をのばして読みました。泣く泣く返却しましたがすばらしい内容です。ぜひ復刊をお願いします。 (2004/10/12)

1

もっと見る

新着投票コメント

ルドンが好きです。昔読んだアサヒグラフ別冊の巻末の略伝から作者本人にも興味を持ちました。 (2014/07/26)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • ルドン 私自身に

    ルドン 私自身に

    在庫僅少

    【著者】オディロン・ルドン 著 / 池辺一郎 訳
    【発送】3~6日後

    オディロン・ルドンは、夢やファンタズマゴリーを描きつづけるとともに、自然のヴィジョンに決してたじろがなかった画家である。 ...

    4,536 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/07/18
『ルドン 私自身に』復刊決定!
2000/09/16
『ルドン 私自身に』(オディロン・ルドン 著 / 池辺一郎 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『ルドン 私自身に』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る