1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『銀河の壺直し(フィリップ・K・ディック)』 投票ページ

銀河の壺直し

  • 著者:フィリップ・K・ディック
  • 出版社:サンリオ
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/07/16
  • 復刊リクエスト番号:1170

得票数
64票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

-宇宙のどこかで水に沈んだ寺院を引き揚げ、その中にある壺を修理するという話-
かのサンリオ文庫で出ていたSF小説。

「壺類修理屋、きみが必要だ。報酬は35000クラムブル」西歴2046年、クリーヴランド市で、職にあぶれていたジョー・ファーンライトのもとヘ、こんな速達が舞い込んできた。百科辞典によれぱ、クラムブルとはシリウス5の貨幣単位で、支配種は一個体しか存在しない超生物グリマングだという。やがて彼の前に火と水を攪拌しながらレコード盤で話す姿で現われたグリマングは依頼内容を告げる。数世紀前、その惑星の海中に没した古聖堂を引き揚げること。その中には修理されるべき多数の壺が……それにしても、その仕事にはあまりにも謎めいた部分が多すぎる。
本書中で描かれる過去・現在・未来の全てを記録して絶えず変わり続けるカレンドの書のように、本書は読み手によって千変万化し、完成を拒否することによって誹謗と絶讃に評価が激しく分裂しているディック体験の試金石とも言うべき問題作。


投票コメント

不思議な味わいを持った作品で、読み返すたびに想像力をかき立てられる。是非とも多くの人に読んで貰いたいと思う。 クライマックスの「一体化」やその顛末など、アニメ「エヴァンゲリオン」とよく似たシーンがあるので、もしかすると、庵野監督に多くのインスピレーションを与えたのかもしれない。そういえば両者とも預言書がキーとなっている。 そう考えると、ますます絶版状態にしておくには惜しい作品である。 (2006/09/25)

1

「ニックとグリマング」を初めて読んだときには「銀河の壷直し」は既に廃刊だったので、どうしても読みたくて古書店を歩き回った記憶があります。 そのときにはまだ生まれていなかった子供が、つい先日本棚から「ニックとグリマング」を出して読んでいる姿を見て、読みたい!と言う気持ちがよみがえってきました。 (2006/08/03)

1

朔

なんだか寓話的な、けっこう荒唐無稽なお話でありながら、「創作者」としての自信 とかアイデンティティを取り戻そうと四苦八苦する、なんとなく作者自身の“自分直 し”的な要素をはらんでいるように思えて、とっても愛着を覚える一冊です。グリマ ングをはじめ、登場する異星人キャタクラーすべてが愛おしい。多くの人に読んでほ しいです。 (2005/03/31)

1

作品の評価や売れ行きと関係ないところで絶版になるのは、サンリオSF文庫の場合に限らず問題だと思います。しかし、最近、東京創元社からサンリオSF文庫の作品が、ディックの作品に限らず、次々と復刊されているので、この作品も復刊をお願いします。 (2005/02/06)

1

ディックの作品はほとんど全て読んでいるが、『小さな場所で大騒ぎ』などの非SF作品やサンリオでしか出ていない作品は読めていない。古本で買えばいいことなのだが、そういう時間的余裕もない。是非復刊して(いっそのことサンリオ自体を復活させたいくらいだが)皆で読みたい。 (2003/06/18)

1

もっと見る

新着投票コメント

邦訳されたディックの本は全て読んでいます。 大好きです。 「銀河の壺直し」ぜひ新訳で復刊して下さい。 (2017/09/08)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • 銀河の壺なおし 新訳版

    銀河の壺なおし 新訳版

    在庫僅少

    【著者】フィリップ・K・ディック 著 / 大森望 訳
    【発送】3~6日後

    壺なおしを職業とするジョーのもとに、シリウス星から奇妙な依頼が届いた。 ディック的モチーフに溢れた幻の長篇、待望の新訳版...

    885 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/09/07
『銀河の壺なおし 新訳版』復刊決定!
2000/07/16
『銀河の壷直し』(P.K.ディック)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『銀河の壺直し』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る