1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『三番叟/エクリプス(日蝕) MANSAIボレロ/転生(野村萬斎 高谷史郎)』 販売ページ

三番叟/エクリプス(日蝕) MANSAIボレロ/転生

三番叟/エクリプス(日蝕) MANSAIボレロ/転生

  • 著者: 野村萬斎 高谷史郎
  • 出版社: 河出書房新社
  • 判型: 四六判
  • 頁数: 56 頁
  • ISBN: 9784309278322
  • ジャンル: 専門書
  • 価格: 6,000 円 (税込)
    (本体価格 5,556 円 + 消費税8%)

  • 現在この商品は当サイトで販売していません。
    以下のボタンより、amazon.co.jpにてお買い求めください。
  • amazon.co.jpへ
    ※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
    ※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
    ※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

稀代の狂言師・野村萬斎が一夜だけ、たった100人の観客に向けて舞った「三番叟」「ボレロ」--
現代アーティスト高谷史郎とのコラボレーションによって生み出された壮大なヴィジョン。
奇跡の一夜が、映像DVD+アートブックでついに甦る!

本書は、東京都現代美術館にて開かれた「東京アートミーティング 新たな系譜学をもとめて 跳躍/痕跡/身体」(2014年9月27日-2015年1月4日)関連イベントおよび「東京都現代美術館開館20周年記念公演」として開催された公演の記録です。

「三番叟」
狂言の「三番叟」の舞が、現代アートとのコラボレーションで「時代の闇」を払う舞に変容。野村萬斎は五穀豊穣を願うこの舞に「天地人」--天と地のあいだの混沌とした人の世界にあって、地の下の荒ぶる神を鎮める舞という現代的な解釈を加えた。

「ボレロ」
モーリス・ラヴェル作曲の「ボレロ」に、野村萬斎が折口信夫の「死者の書」から着想を得て演出、振付けを行い、現代アーティスト高谷史郎は冥界からこの世界に訪れたまれびと(来訪者)が、現世に生命と色彩を与え、次なる世界に転生してゆくというコンセプトを演出に反映した。

解説文=安藤礼二、長谷川祐子

▼仕様
DVDブック(DVD44分1枚+写真集56ページ)/日英バイリンガル

▼著者プロフィール
野村萬斎(のむら まんさい)
狂言師。1966年生まれ。「狂言ござる乃座」主宰。国内外の狂言・能公演はもとより、現代劇や映画の主演、古典の技法を駆使した作品の演出等幅広く活躍。現代に生きる狂言師としてあらゆる活動を通し狂言の在り方を問うている。

高谷史郎(たかたに しろう)
1963年生まれ。1984年からアーティスト・グループ「ダムタイプ」の活動に参加。さまざまなメディアを用いたパフォーマンスやインスタレーション作品の制作に携わり、世界各地の劇場や美術館などで作品を発表。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/03/22
『三番叟/エクリプス(日蝕) MANSAIボレロ/転生』(野村萬斎 高谷史郎)の注文を開始しました。

TOPへ戻る