1. TOP
  2. ショッピング
  3. 児童書・絵本
  4. 『ふきのとう(甲斐信枝)』 販売ページ

ふきのとう

ふきのとう

  • 著者: 甲斐信枝
  • 出版社: 福音館書店
  • 判型: 26×24cm
  • ISBN: 9784834019636
  • ジャンル: 児童書・絵本
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 972 円 (税込)
    (本体価格 900 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 9ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

NHKドキュメンタリー「足元の小宇宙 絵本作家と見つける生命のドラマ」(11月放映)で大注目の作家・
甲斐信枝の絵本が復刊!


▼内容紹介
早春。春の訪れを知らせるふきの花、ふきのとうは、真っ先に雪の下から姿を現します。
ふきのとうには黄色い花と白い花があります。黄色い花は雄ふきの花、白い花は雌ふきの花で、それぞれ別の地下茎から生えているのです。
雌ふきは、虫たちが雄ふきから運んできた花粉で種をつくります。花粉を渡したあとの雄ふきは枯れてしまいますが、雌ふきは一つ一つのつぼめた小さな花の中で、多くの種を育て始めます。ある日、雌ふきの閉じていた花が静かに開き始めると、そこには真っ白な綿毛がぴかぴかと光っていました。満開の綿毛は風に乗り、遠くへ種を飛ばします。
種を飛ばし終わった雌ふきは、今度は地下茎をぐんぐん伸ばし始めます。雄ふきも新しい地下茎を伸ばし始めます。そして秋の終わり、枯れていく葉の陰から、またふきのとうのつぼみが顔を出しました!
ふきのとうが命をつなぐ一年間を、心地よいリズムの文と情感豊かな絵で克明に描きます。

▼著者プロフィール
甲斐信枝(かい のぶえ)
1930年、広島県に生まれる。
故清水良雄氏(光風会会員、童話雑誌「赤い鳥」の画家)に師事。
紙芝居に、『もんしろちょうとからすあげは』『すじぐろルルのぼうけん』(童心社)、絵本に『わたしのあげは』『もんしろちょう』(すずき出版)、『たんぽぽ』『大きなクスノキ』(金の星社)、『雑草のくらし─あき地の五年間─』(第8回絵本にっぽん賞・第17回講談社出版文化賞)、『ざっそう』『つくし』『たねがとぶ』『あしながばち』『こがねぐも』『のえんどうと100人のこどもたち』『きゃべつばたけのぴょこり』『のげしとおひさま』(以上、福音館書店)などがある。 京都市在住。


▼こちらもチェック!
◎『きゃべつばたけのいちにち』
◎『たけ もうそうだけのおやこ』
◎『ひがんばな』

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/03/06
『ふきのとう』(甲斐伸枝)の注文を開始しました。

この商品は、現在販売中です。

絵本に関するQ&A

絵本のタイトルを探しています。

27・8年くらい前に、小学校の図書室で読んだ本のタイトルを探しています。 横長でA4位の大きさで、内容が本当にうろ覚えなのですが、じゃじゃ馬な女の子がお母さんにおこられた後位に、異世界に行って冒険をす...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る