1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『日本陸軍の対ソ謀略 日独防共協定とユーラシア政策(田嶋信雄)』 販売ページ

日本陸軍の対ソ謀略 日独防共協定とユーラシア政策

日本陸軍の対ソ謀略 日独防共協定とユーラシア政策

  • 著者: 田嶋信雄
  • 出版社: 吉川弘文館
  • 判型: 四六判
  • 頁数: 224 頁
  • ISBN: 9784642083157
  • ジャンル: 専門書
  • 価格: 3,024 円 (税込)
    (本体価格 2,800 円 + 消費税8%)

  • 現在この商品は当サイトで販売していません。
    以下のボタンより、amazon.co.jpにてお買い求めください。
  • amazon.co.jpへ
    ※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
    ※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
    ※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

第2次世界大戦開戦にあたり重要な位置を占めた日本とドイツ。その関係深化の契機となった日独防共協定はいかに締結されたか。ユーラシア大陸をまたにかけた諜報・謀略活動、航空路整備、対イスラーム政策など、外務省ルートとは別に進行した陸軍の対ソ工作に注目。「空虚な同盟」とされてきた防共協定の全体像を解明し、両国の戦略的関係に迫る。

▼目次
◇序章 日独防共協定を捉える視点
◇日露戦争前後の「独禍東漸」と「日禍西漸」
「黄禍論」と「日禍西漸」の脅威/日本とドイツのトルコ・イスラーム政策構想
◇第一次世界大戦期の「独禍東漸」と「日禍西漸」
エンヴェル・パシャとオッペンハイム/ドイツのアフガニスタン・新疆・満洲での後方攪乱・扇動工作/「独禍東漸」と「日禍西漸」 以下細目略
◇関東軍の「西進」政策と内蒙高度自治運動
◇ルフトハンザ航空、欧亜航空公司と満洲航空株式会社
◇「華北分離工作」と「防共外交」
◇日独「満」航空協定および日独謀略協定の成立
◇アフガニスタンの政治焦点化
◇日中戦争の勃発とユーラシア諜報・謀略協力の挫折
◇終章 ユーラシア諜報・謀略協力体制の終焉

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/02/03
『日本陸軍の対ソ謀略 日独防共協定とユーラシア政策』(田嶋信雄)の注文を開始しました。

この商品は、現在ご購入いただけません。

第二次世界大戦・太平洋戦争に関するQ&A

二十年近く前に小学校の試験で読んだ小説を探しています。

小学校の国語の試験に出た小説を探しています。 太平洋戦争で学童疎開した少年が主人公でした。 少年は地元の子供たちから、度胸試しで高所から川に飛び込むことを求められます。少年はバカにされたくなかったた...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る