1. TOP
  2. ショッピング
  3. 文芸書
  4. 『ユリシーズ 1-12(ジェイムズ・ジョイス 著 / 柳瀬尚紀 訳)』 販売ページ

ユリシーズ 1-12

ユリシーズ 1-12

  • 著者: ジェイムズ・ジョイス 著 / 柳瀬尚紀 訳
  • 出版社: 河出書房新社
  • 判型: 四六変形判
  • 頁数: 576 頁
  • ISBN: 9784309207223
  • ジャンル: 文芸書
  • 配送時期: 2017/04/上旬
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 4,860 円 (税込)
    (本体価格 4,500 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 45ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

20世紀最高の小説を最強の翻訳で。小説の技巧のすべてを駆使して甦るダブリン1904年6月16日の「真実」。全18章のうち、第1章から謎の語り手の「発犬」につながる第12章まで。

▼著者プロフィール
ジェイムズ・ジョイス
1882年アイルランド生まれ。20世紀最高の小説家の一人。意識の流れ、神話、パロディ、造語といった小説技巧を駆使して、ダブリンの人々を描いた。本書のほか『フィネガンズ・ウェイク』『ダブリナーズ』など。

柳瀬尚紀(やなせ なおき)
1943年根室市生まれ。翻訳家。訳書にジョイス『フィネガンズ・ウェイク』、キャロル『不思議の国のアリス』、ボルヘス『幻獣辞典』、ダール『チョコレート工場の秘密』など。著書に『日本語は天才である』など。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(11件)

現在の丸谷才一訳、少し前の伊藤整訳、その基となった日本で最初の『ユリシーズ』の翻訳を是非読んでみたい。 (2006/05/26)

0

ぜひ読んでみたいです (2005/07/02)

0

図書館で読んだことがあるのですが、 手元においてゆっくり読みたいので。 (2005/05/05)

0

最高傑作なのに冷遇されすぎな気がする (2005/02/23)

0

さまざまに翻訳されていますね。しかし日本初の翻訳というのに ひかれました。 (2005/01/31)

0

もっと見る

ニュース

2016/11/15
『ユリシーズ 1-12』復刊決定!

この商品は、現在販売中です。

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

  • MANGA ARTS

TOPへ戻る