1. TOP
  2. ショッピング
  3. 文芸書
  4. 『記憶よ、語れ -自伝再訪(ウラジーミル・ナボコフ 著 / 若島正 訳)』 販売ページ

記憶よ、語れ -自伝再訪

記憶よ、語れ -自伝再訪

  • 著者: ウラジーミル・ナボコフ 著 / 若島正 訳
  • 出版社: 作品社
  • 判型: 四六判・上製
  • 頁数: 360 頁
  • ISBN: 9784861825361
  • ジャンル: 文芸書
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 3,672 円 (税込)
    (本体価格 3,400 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 34ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

彫琢の粋を極めた自伝の決定版!

ナボコフは、まず1951年に英語で『確証 -回想記』(1951年)と題した自伝を上梓する。続いて、ロシア語に翻訳、加筆した『向こう岸』(1954年)を、さらに『確証』を改題した『記憶よ語れ -回想記』が1960年に刊行された。

日本でこれまでナボコフの自伝として知られていたのは、この1960年版だが(邦訳『ナボコフ自伝 記憶よ語れ』大津栄一郎 訳、晶文社、1979年)、実はその後に、上記の3冊を踏まえ、大幅に加筆された決定版が1966年に出されている。
本書はその初めての完訳であり、またその後さらに補遺(「幻の第16章」)を加えた、ペンギン・クラシックス版(2000年)をテキストにした決定版。

▼著者紹介
ウラジーミル・ナボコフ(1899-1977年)
「言葉の魔術師」と呼ばれ、ロシア語と英語を自在に操った、20世紀を代表する多言語作家。ロシア革命の勃発によりロンドン、ベルリンへ亡命。1940年アメリカに渡って大学で教鞭を執る傍ら、創作活動に取り組む。1955年、パリで刊行された『ロリータ』が世界的なベストセラーとなる。主な作品に『賜物』『青白い炎』『アーダ』などがある。

若島正(わかしま ただし)
1952年生まれ。京都大学大学院文学研究科教授。翻訳家、文芸評論家。指将棋、詰将棋やチェスプロブレム作家としても著名。日本チェスプロブレム協会会長を務める。主な著訳書に『乱視読者の英米短篇講義』(読売文学賞)『ロリータ、ロリータ、ロリータ』、ナボコフ『ロリータ』、リチャード・パワーズ『ガラテイア2.2』など。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2015/05/22
『記憶よ、語れ -自伝再訪』(ウラジーミル・ナボコフ 著 / 若島正 訳)の注文を開始しました。

この商品は、現在販売中です。

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る