1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『小田実全集 評論9 「鎖国」の文学(小田実)』 販売ページ

小田実全集 評論9 「鎖国」の文学

小田実全集 評論9 「鎖国」の文学

  • 著者: 小田実
  • 出版社: 発行:講談社、発売:復刊ドットコム
  • 判型: A5
  • ISBN: 9784835444604
  • ジャンル: 専門書
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 50 個

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 3,348 円 (税込)
    (本体価格 3,100 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 31ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
※本書、配送時期について
こちらはご注文いただいてから印刷をするオンデマンド商品となり、
ご注文から発送までに約1週間程頂いております。

商品内容

1971年から75年にかけて書きつがれた著者渾身の文学論。高橋和巳の死から始まってソクラテスやアリストパネス、三島由紀夫、吉田健一、そして「戦後文学」、プロレタリア文学、さらには当時の流行文学や在日朝鮮人文学をも射程に入れた独自の視点。文学にとって大事なものは、私の「眼」と他者の「眼」をもつこと、文学の行為者は社会を観察する者であると同時に社会から観察されている、そして、「私」と「われら」の関係性を閉鎖的にするのでなく、それを「みんな」に開くことだ。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2011/02/22
『小田実全集 評論9 「鎖国」の文学』(小田実)の注文を開始しました。

この商品は、現在販売中です。

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る