1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ある少年の物語(エドマンド・ホワイト、柿沼瑛子:訳)』 投票ページ

ある少年の物語

  • 著者:エドマンド・ホワイト、柿沼瑛子:訳
  • 出版社:早川書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/03/23
  • ISBNコード:9784152076977
  • 復刊リクエスト番号:23257

得票数
3票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

海外ゲイ文学の佳品。原著者ホワイトの半ば自伝的な作品。
少年期の目覚めから青年期の戸惑いまでを時代背景と共に
淡々と綴る。柿沼瑛子:訳

投票コメント

刊行された当時、小JUNEの文学ガイドに投稿させていただいたことがある。その後、故あって手放してしまったが、読み返したいと思っても、絶版でなかなか入手できないので。文庫化でもいいから、復刊して欲しい(個人的にハヤカワ文庫での刊行は賛成)。 (2010/06/22)

1

イーエスブックで探したところ”絶版”マークが付いていました。 みてみたいなあと思っていたのですごいがっかりしました。 ぜひ本屋さんで文庫本としてみてみたいです。(出たら買います) (2006/03/23)

0

xqo

xqo

性的記述が必要最低限に抑えられたゲイの少年の精神的な成長記録。 読後はいっそ爽やかである。 (2004/03/23)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2004/03/23
『ある少年の物語』(エドマンド・ホワイト、柿沼瑛子:訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『ある少年の物語』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る