1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『暁の星をおびて 「幻の馬」物語3(ジュ―マーク・ハイウォーター)』 投票ページ

暁の星をおびて 「幻の馬」物語3

  • 著者:ジュ―マーク・ハイウォーター
  • 出版社:福武書店
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2003/09/19
  • ISBNコード:9784828813516
  • 復刊リクエスト番号:19558

得票数
5票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

シトコがめざめたのは、暗い部屋の中だった。いつも恐れていた、闇。
母が自分を捨てて去っていく足音。白く輝く恐ろしいフクロウ…。
ばらばらになった家族と失われた夢の中で人生の旅をはじめた〈幻の馬〉一族の末子、シトコは、誇り高い祖母アマナの中に道を見つけ、やがて暁の星をおびて歩きはじめる―。美しい夢と〈自分自身であること〉をこよなく愛したインディアンの一族の物語。

投票コメント

第1~3巻が刊行された時、新聞に大きな広告が出て知りました。第4巻は、児童書の括りにそぐわない内容だった為か刊行されず、そのまま出版社の文芸撤退と共に絶版になりました。それでもいまだに、4巻まとめて刊行される日がくることを、かすかに期待しています。 (2016/03/10)

1

所有して何度も読みたい名作です。 しかし残念なことに 第4部<キル・ホール>が未訳のままシリーズが絶版。 出版社が文芸から撤退したからだと後で知りました。 絶版となった1~3巻を復刊させて、4巻もぜひ翻訳してほしいです! (2010/11/22)

1

自分や祖先の生き方に誇りをもちつづけた祖母のアマラ、受け入れられなかった娘、自分の中の血に気が付きながら迷う孫たち。親子3代にわたり劇的な運命に翻弄されながらも、自分は何者なのかを問いつづける、歴史が伝える出来事の中に動かすことのできない人間の本質を感じています。 (2003/09/19)

1

幻の馬、すべて読み返したいです。 何十年経っても色あせない名作だと思います。 (2005/09/05)

0

うつくしい夢と「自分自身であること」を、こよなく愛した と言う「内容紹介」の文に、惹かれて、一票。 (2003/09/20)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/09/19
『暁の星をおびて 「幻の馬」物語3』(ジュ―マーク・ハイウォーター)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ベネッセコーポレーションに関するQ&A

1968年の中3コースの夏頃の付録小説

ラストのシーンがさわやかで印象に残っている。海辺の崖の上の草原らしい場所で中3の男女二人が遠い海に叫んでいるシーン。

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『暁の星をおびて 「幻の馬」物語3』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る