1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『生者と死者(泡坂妻夫)』 投票ページ

生者と死者

  • 著者:泡坂妻夫
  • 出版社:新潮社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2002/09/05
  • ISBNコード:9784101445069
  • 復刊リクエスト番号:11975

得票数
144票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

読者に向けて巧緻なトリックを駆使した、ミステリ。長編と短編を一冊で味わえる。中にいくつもの袋とじがあり、それを切り取るとまた違ったミステリが現れるという魔法のようなミステリ。

投票コメント

袋とじを開いて長編を読むと、二度と読めなくなる短編のはかなさが忘れられません。 今、もう一度手にして味わいたいです。 紙の書籍でないと楽しめないこのような本が、これからの電子書籍時代に再販されることは、初版時よりもさらに意味があるのではないかと思います。 (2013/09/16)

1

新刊として発売されたときに書店で見かけて気になったのですが、買わずにいるうちに買えなくなりました。時が経つにつれじわじわと買っておけば良かったと後悔の念が……。復刊されたら保存用と読書用と2冊買います。いやもっと買うかもしれません。ぜひ復刊を! (2011/06/04)

1

名作『幸せの書』と並び世界に類のない傑作です。本の性質上借りて読むことの出来ないものなのですから、新品で売っていただかなければ困ります。未開封の古書価格が一万円を超えていることからも、いかにファンがこの作品を愛しているか想像に難くはないでしょう。新潮社は版権を持ち続ける気ならば是非再版をご決断ください。さもなければ怠慢の誹りは免れませんよ。 (2010/03/24)

1

いまさらながら「しあわせの書」を読んでこの著者の仕掛けに感動したため、同じく名高いこちらも読んでみたいと思っています。 袋とじということで、すでに開かれている古本では今ひとつ魅力に欠けると思うので、ぜひ増刷して欲しいです。 (2010/02/11)

1

この本には「面白いたくらみ」があるらしい。そして、ほかのどの本にもないような奇抜なものであるそうだ。というような書評をよんだ。しかし、私はまだこの本を読んだことがない。 泡坂さんの本は、「しあわせの書」でも面白いたくらみが織り込まれてあった。この本のたくらみを知らずして死ねようか。 (2008/12/17)

1

もっと見る

新着投票コメント

きょうみがありますね (2013/10/25)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

生者と死者 -酩探偵ヨギガンジーの透視術 泡坂妻夫
594円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/01/23
『生者と死者 -酩探偵ヨギガンジーの透視術』販売開始しました!
2002/09/05
『生者と死者』(泡坂妻夫)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

島の学校に引っ越してきた女の子が吸血鬼になる話

一人で、教会のある島の学校に転校してきた女の子が主人公です。島には人はほとんどいません。牧師と、女の先生が恋仲ですが、先生は結構おばさんであまり相手にされて居なかったように思います。 生徒は5人くら...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『生者と死者』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

  • MANGA ARTS

TOPへ戻る