1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『疫病犬と呼ばれて 上下巻(リチャード・アダムズ)』 投票ページ

疫病犬と呼ばれて 上下巻

  • 著者:リチャード・アダムズ
  • 出版社:評論社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2002/06/16
  • ISBNコード:9784566021020 9784566021037
  • 復刊リクエスト番号:10692

得票数
17票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち』の著者、リチャード・アダムズの小説です。
研究所から逃げ出した実験用の犬たちを描いた作品。

投票コメント

社会性のある作品。動物の物語が人間性を投影しており、はらはらどきどきさせるストーリー展開。動物を主人公にしたサスペンスものは、まったく独自の世界である。絶版になって久しいため、その存在を知らない人が多いであろうリチャード・アダムズの世界が、これからも広く読まれることを期待したい。 (2006/07/29)

1

リチャード・アダムスさんの作品「疫病犬と呼ばれて」は正直に言うと呼んだことがないのですが、同作者の「ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち」を読んで、とても素晴らしい作品だと思いました。そのリチャード・アダムスさんの作品で気になったのが、この「疫病犬と呼ばれて」です。これが素晴らしい作品だと信じています。復刊をお願い致します。 (2006/06/03)

1

こんな本があったとは知りませんでした。動物実験については以前色々と調べてみた事があるのですが、中にはやる意味がない、ただ虐殺するだけ?と感じさせられた実験内容や、実験後の動物たちの扱いについてとても心を痛めた内容もありました。それだけにこの本は是非読んでみたいです。 たとえば、向かい合わせのケージに子犬をそれぞれ入れ、片方のみに食事を与え、もう片方には全く与えず餓死させるなんて何の意味があるのでしょう?自分でやってみろと当時激しく憤りを感じました。 (2003/08/21)

1

「ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち」を夢中で読んだこと、 少し大人になってから文庫で買い求めたことを思い出しました。 あとがきで、本書にもふれてあったことまで・・・これで投票せずになんとしょう、ですね。「うさぎたち」に関しては、見かけないといっても一応文庫でも入手可能ですが、こちらは文庫にさえしてもらえなかったようで・・・残念です。野生の生き物をそれゆえの現実を持ち得たまま、あるいは持つがゆえのファンタジーに結晶させた、希有な書き手だと思うのに。応援いたします。 (2002/06/18)

1

発刊当初から、あまり書店では見かけなかったのですが、オンラインショップで注文しても在庫切れ、重版未定と言われました。 この本に限らず、アダムズの本は、ほとんど品切れ状態のようで、『シャーディック』や、有名な『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち』でさえ、ほとんど見かけません。残念です。 (2002/06/16)

1

もっと見る

新着投票コメント

リチャード・アダムスのウォータシップダウンのうさぎたち以外の本も読んでみたいです。 (2011/01/12)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2002/06/16
『疫病犬と呼ばれて 上下巻』(リチャード・アダムズ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『疫病犬と呼ばれて 上下巻』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

  • MANGA ARTS

TOPへ戻る