1. TOP
  2. ショッピング
  3. 文芸書
  4. 『麻薬常用者の日記 〔新版〕 II 地獄篇(アレイスター・クロウリー 著 / 植松靖夫 ...』 販売ページ

麻薬常用者の日記 〔新版〕 II 地獄篇

麻薬常用者の日記 〔新版〕 II 地獄篇

  • 著者: アレイスター・クロウリー 著 / 植松靖夫 訳
  • 出版社: 国書刊行会
  • 判型: 四六判変型
  • 頁数: 320 頁
  • ISBN: 9784336062161
  • ジャンル: 文芸書
  • 価格: 2,332 円 (税込)
    (本体価格 2,160 円 + 消費税8%)

  • 現在この商品は当サイトで販売していません。
    以下のボタンより、amazon.co.jpにてお買い求めください。
  • amazon.co.jpへ
    ※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
    ※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
    ※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

「汝の意志するところを行なえ。これこそ法のすべてとならん」---
<中毒>の鎖を断ち切り、囚われた心を解き放つために。


衝撃的な出会いを経て結ばれた二人の蜜月トリップの終着点は、天国ではなく。
激しい欲望の彼方、すっかり麻痺した頭の中に、はかり知れぬ深淵がよこたわる。


20世紀最大の魔術師にしてカリスマ的アーティスト、アレイスター・クロウリー自らが執筆し商業出版したことで大きな話題を集めた小説。出版当時、毀誉褒貶相半ばし、『ユリシーズ』とともに「『汚物と猥褻物』以外何も見あたらぬ」とも批判され、クロウリーがイタリアから国外追放となる原因ともなったが、悪名に反して理智的かつ道義的であり、自身をモデルにした登場人物からその実像が浮かび上がる点でも注目される、クロウリーの代表的著作である。

クインシー『阿片吸引者の告白』、ボードレール『人工楽園』、コクトー『阿片』、ハクスリー『知覚の扉』、バロウズ『裸のランチ』、ウェルシュ『トレインスポッティング』など、麻薬文学の系譜に燦然と名を刻む名著。

アレイスター・クロウリーの没後70年を記念する待望の改訳新装版。

▼目次
第一章 欲求不満 
第二章 小春日和 
第三章 歯止めをかける
第四章 人でなし
第五章 狂気への道
第六章 麻薬を絶つ
第七章 最後の大ばくち

▼著者プロフィール
アレイスター・クロウリー
1875年~1947年。イギリスの神秘主義者、魔術師。 ケンブリッジ大学在学中に「黄金の夜明け団」に入団。その後世界各国遍歴の旅に出、神秘主義結社を開設して数多くのオカルティズム文献を著述した。

植松靖夫(うえまつ やすお)
上智大学大学院博士後期課程修了。現在、東北学院大学文学部教授。訳書に『ヴィクトリア時代ロンドン路地裏の生活誌』(原書房)、『西洋博物学者列伝 アリストテレスからダーウィンまで』(悠書館)、『心霊博士ジョン・サイレンスの事件簿』(東京創元社)などがある。


※本書は1987年刊、『アレイスター・クロウリー著作集 第三巻』「麻薬常用者の日記」の改訳新装版です。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/11/10
『麻薬常用者の日記 〔新版〕 II 地獄篇』(アレイスター・クロウリー 著 / 植松靖夫 訳)の注文を開始しました。

この商品は、現在ご購入いただけません。

オカルトに関するQ&A

恐らく30年以上前の本のタイトルが知りたいです

現在38歳の私の小学生時代に教室にあった本のタイトルが知りたいです。 以下、記憶の断片を連ねてみます。 30年ほど前(1970〜80年代)に刊行されていたものだと思われます。 当時たく...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る