1. TOP
  2. ショッピング
  3. 文芸書
  4. 『真夜中の檻(平井呈一)』 販売ページ

真夜中の檻

真夜中の檻

  • 著者: 平井呈一
  • 出版社: 東京創元社
  • 判型: 文庫
  • ISBN: 9784488585013
  • ジャンル: 文芸書
  • 配送時期: 3~6日後
  • 在庫数: 在庫僅少

    ※ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます。

  • 価格: 1,188 円 (税込)
    (本体価格 1,100 円 + 消費税8%)
  • Tポイント: 11ポイント ポイントについて
  • 数量:
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

名翻訳家の創作とエッセイを集成した、ホラーファン垂涎の一冊。

本邦ホラー屈指の傑作として名高い「真夜中の檻」。都会の片隅に芽生えた悲しくも不可思議な恋の物語「エイプリル・フール」。恐怖と浪漫の横溢する創作全2篇に、英米の怪奇作家とその作品、さらには幽霊実話を造詣深く語るエッセイを併録。
『吸血鬼ドラキュラ』等の名翻訳家、海外怪奇小説紹介の先駆者として知られる平井呈一の全容を明らかにする、ホラー・ファン垂涎の一冊。

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

復刊投票時のコメント(4件)

吸血鬼ものの本を集めているので。 そうでなくても、この方の文章をもっと読みたいので。 (2010/08/24)

0

えっ……てか何で絶版なんですか? 意味分からんぞー。 つことで復刊お願いします! (2009/11/17)

0

本書に収められた二編は、本邦の幻想文学史上稀にみる傑作です。 後半の怪奇小説に関するエッセイは、紀田、荒俣両氏のお師匠さんの面目躍如たるもので、その道のファンにとっては資料的価値も非常に高いと云えます。 本書をまた幻の書とするのは大変惜しい。 (2009/09/11)

1

名翻訳家の小説とエッセイ。ミステリや怪奇小説でこの人の文章を知っている人なら、その美しさをわかるはず。個人的に翻訳家としては手塚富雄に並ぶ。そしてリクエストした当人は古本で入手してしまいました…… (2009/09/04)

0

この商品は、現在販売中です。

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る