1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『スージーちゃんとマービー(さべあのま)』 投票ページ

スージーちゃんとマービー

得票数
78票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

絵本雑誌「おひさま」で連載され、NHKでアニメ化もされた作品。
連載はきちんと最終回を迎え、単行本も5巻まで出ていますが、最終巻にあたる6巻が出ないまま。
あと1巻、この6巻だけでもなんとか出してもらえないものかとずっと思っています。

復刊ドットコムスタッフ

6~7歳の女の子・スージーと1歳半の男の子・マービーの2人が主人公で、漫画のコマ割りに絵本のテイストを混ぜ合わせたような、ユニークな作風の作品。1994年から8年間にわたり絵本雑誌「おひさま」に連載され、1999年からはTVアニメでも放映されました。
連載誌では、6巻分の長さでストーリーが完結しているものの、単行本は諸事情により5巻までしか刊行されておらず、すでに新品では入手困難な1~5巻に幻の最終巻=第6巻を合わせた“全6巻”での復刊を希望するリクエストが、多数寄せられています。


投票コメント

私が保育園児の頃から大好きな本です! お母さんが当時、発売された時に5巻まるごと買ってくれたのですが、夢中になって双子の妹と何回も何回も読んで、さべあのまさんの描く素敵なお話に幸せな気持ちにさせてもらっていました。 そして、とっても絵が綺麗なんです! 特に物語の中でスージーちゃんたちが作って食べるおいしいご飯の絵は、幼いながら憧れて、いつか食べてみたいなぁ…作ってみたいなぁなどと思っていました (2017/12/27)

4

四歳下の妹が生まれた頃「おひさま」が大好きで、読んでいれば両親が妹にかかりきりでも寂しくありませんでした。中でも大好きだった作品がこの「スージーちゃんとマービー」です。当時の私はスージーちゃんに「女の子」「お姉ちゃん」としての理想の姿を投影していたと思います。物語に登場する料理を作ったり、スージーちゃんが身につけている髪飾りやロケットペンダント、イネコちゃんのコスメバッグなど物語に登場するアイテムによく似たものを街でみつけては親に買ってもらっていました。 あまりにも好きで、当時覚えたての字でさべあのま先生にファンレターを送った覚えもあります。 掲載された雑誌はとうの昔に捨てられてしまいましたが、最終話の内容や絵も、今でも鮮明に思い出せます。6巻が出るのをずっと待っています。あの最後のページ、メイポールフィールド7丁目8番地、青い屋根の下、スージーちゃんとマービーとピーブニー博士が笑いあう姿をどうかもう一度!! (2018/03/19)

3

幼い頃にNHK教育テレビでアニメを観た記憶あり。やわらかな絵と優しさに包まれた世界観が好きでした。あるきっかけで思い出し、検索しているうちにこのリクエスト投票を発見。幻の6巻と合わせて原作を読みたい。 (2018/03/07)

3

息子が小さい頃、「スージーちゃんとマービー」が載っている「おひさま」を毎月買って読み聞かせをしていました。息子も私も「スージーちゃんとマービー」が大好きで単行本も集めたほどです。東日本大地震で本棚が崩れ、単行本がダメになってしまいました。あのほんわかしたかわいらしい世界にまた出会いたいです。復刊よろしくお願いします。 (2018/02/15)

3

k.k

k.k

子供の頃に読み、懐かしく思い、また読みたいなと思ったので復刊を希望します。 (2018/02/09)

3

もっと見る

新着投票コメント

瓜

小さい頃、何度も読んでもらった懐かしい作品です。 最終巻まで本棚に並べられることを夢見ています。 どうか、復刊お願いします! (2018/03/19)

2

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/12/26
『スージーちゃんとマービー』が50票に到達しました。
2017/09/14
『スージーちゃんとマービー』が10票に到達しました。
2017/08/10
『スージーちゃんとマービー』(さべあのま)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

絵本に関するQ&A

絵本のタイトルを探しています。

27・8年くらい前に、小学校の図書室で読んだ本のタイトルを探しています。 横長でA4位の大きさで、内容が本当にうろ覚えなのですが、じゃじゃ馬な女の子がお母さんにおこられた後位に、異世界に行って冒険をす...

TOPへ戻る