1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『絶対の宣伝 ナチス・プロパガンダ 全4巻(草森紳一)』 投票ページ
  5. 投票コメント一覧(Good!数順)

コメント一覧

絶対の宣伝 ナチス・プロパガンダ 全4巻

全53 件

ナチスのプロパガンダには凄まじいものがあった。 文学、建築、音楽、科学ありとあらゆるものが宣伝の材料として徹底的に利用された。 小泉純一郎の郵政民営化、構造改革などではその手法がゾンビのようによみがえり政治目的のために利用され、小泉は勝利した。 ヒットラーと小泉の違いは時代背景と武力の行使だけであるかも知れない。 安倍晋三もその手法を使いそうである。 今一度ナチスプロパガンダを復習することは必要である。 (2007/05/20)

1

ナチスの政策は見直されるべき http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-34.html http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/sohiasenseinogyakutensaiban2_mokuji.html http://d.hatena.ne.jp/zundel/ http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc600.html http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/ (2006/04/10)

1

15年ほど前に本書に出会い、出版社(主婦の友社)へ再販の問い合わせをしたのですが。。。 本文はもちろんのこと、当時の写真が秀逸(掲載点数)です。 インターネットなど個人メディアが存在しない時代の 卓越した宣伝手法だけでなく、 当時のナチス周辺状況を詳細に表現した これほどまでに分かりやすい ナチス・ドイツにおける研究は、 なかなか存在しないのではないでしょうか。 ぜひ、[20世紀の歴史書]としてだけでなく、 現代の宣伝、マーケティング原点ともいわれる本書の 復刊(再販)を期待したいと思います。 (2004/09/04)

1

気になるから。 (2016/05/19)

0

ヒトラーが著した「我が闘争」の「戦時プロパガンダ」の項を読み、興味を持ったので読んでみたいと思います。 (2016/05/17)

0

ナチスの宣伝プロパガンダには大変興味がありましたが良書の存在を知りませんでした是非、読んでみたいです。 (2016/05/17)

0

ナチスの研究において、プロパガンダ研究は重要なテーマのひとつであり、その意味でも、本作の復刊は望まれると考えます。 (2016/05/17)

0

読んでみたいから。 (2014/04/06)

0

大変興味深く、良書と評判のため。 (2013/12/10)

0

プロパガンダの研究には必須の文献。値段が高くなっているのがつらいところ。 (2013/04/10)

0

関係者へのインタビューなどを行うことなく、文献からナチスのプロパガンダに迫った大変貴重な一冊だと思います。古書の価格が高く取得が困難なため復刊を希望します。 (2012/12/09)

0

読んでみたい。 (2012/09/05)

0

プロパガンダの理解のために読みたくて。 (2012/02/27)

0

ナチスのプロパガンダを理解するためには必読だと思うのですが、古書価格があまりにも高すぎます。 ぜひとも復刊していただきたいシリーズです。 (2011/10/12)

0

以前よりこの分野に興味があり、是非とも読んでみたいと思ったので。 (2011/05/14)

0

昔持ってたけど売っちゃった。メディアの勉強のため、また欲しいです。 (2011/05/08)

0

読んでみたいです。 (2011/05/02)

0

皆さまのコメントを読んで。 (2011/03/29)

0

資金が出来たらまとめて購入しようと考えていたのですが、そのうち何処の書店を探しても見当たらなくなってしまい、残念な気持ちを引きずっています。 (2010/10/16)

0

名著と聞いて^^ (2010/07/05)

0

興味あるので、ぜひ読んでみたいです。 (2009/07/08)

0

大学の図書館で見つけ、手元に置いておきたく思ったが何分古本で買うと高い。そのため復刊を求む。 (2009/04/27)

0

当時の扇動ぶりを、是非とも具体的に知りたいから、復刊を希望!!! (2009/01/10)

0

fs

fs

これからも必要な知識情報が満載です。 (2008/08/09)

0

古本が高値になっていて手が出ないので、ぜひ。 (2008/03/03)

0

読みたいです (2008/01/16)

0

欲しい (2007/11/28)

0

こだわりの本ですが当時の雰囲気(ヒステリー状態)のネタの 一端が明らかになる本ではないでしょうか。 (2007/08/30)

0

今一度手元において読みたいです (2007/08/29)

0

この時代、読んでおきたいものです。 (2007/08/19)

0

全53 件

TOPへ戻る