復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

復刊投票コメント一覧(人気順)

アンジェリク

投票コメント

全371件

  • たまたま中古本として手に取った「アンジェリク はだしの女侯爵」。まさかこんなに素晴らしい物語だとは思いませんでした。全26巻という長い長い物語ですが、全く最後まで飽きずに一気に読めてしまいます。自分もアンジェリクと一緒に時代も場所も越えて冒険し、宗教や人種を超えた愛を体験できたような気がします。数年前の復刊が事情により取りやめになってしまったようですが、フランスでは来年『完全版アンジェリク』として、途中で終わった感のある26巻以降が出版されるとの話があるようなので、日本でも是非復刊してほしいと思います。本当に素晴らしい作品です。 (2010/05/28)
    GOOD!1
  • 最近この本の存在を知り図書館で借りて読んでいます。
    みなさんがコメントされているように、私も夢中になって読破し、長編にもかかわらず飽きさせないこの作品の魅力をもっとたくさんの人に知っていただきたいと思いました (2010/05/17)
    GOOD!1
  • 体を壊して働けなくなった時、図書館で<アンジェリク>に出会いました。長編でしたが、あまりの面白さに体調の悪さも忘れ、一気に読みました。以後、文庫本を買い、辛い時、悲しい時、嬉しかった時、何度も繰り返し読んでいます。最近では目が悪くなり、文庫の小さい字が辛くなってきました。完全版があると知り、ぜひ単行本の復刊をお願いしたいです。漫画も映画(ビデオ)も持っています。でも、活字の<アンジェリク>が大好きです。 (2010/03/25)
    GOOD!1
  • 文庫発刊当時、仕事が忙しくて読みきれませんでした。
    やっと26巻もの物語を読みきる時間的&精神的余裕ができた時には、もう本が売っていませんでした(涙)
    中古で探すことはできますが、初めの数冊で止まってしまっているこの物語を、ぜひ新品でそろえたいのです。
    復刊を切に切に望みます! (2009/07/12)
    GOOD!1
  • 昔高校生のころ、マンガ版がお気に入りでした。友達が小説にも手を出して、ものすごく面白いと言っていたのが、今でも気になっています。時間に余裕も出てきたし、いざ読もうと思ったらなかなか入手できず・・よろしくお願いします。 (2009/04/07)
    GOOD!1
  • K

    K

    中学生の時から(母の所持品でした)読み続け、成人して自分用に全巻購入しましたがさすがに何回も読んでそろそろぼろぼろに。ぜひ新品を再購入したいので復刊して頂きたいです。おばあちゃんになっても縁側でゆっくりよみたい壮大なドラマです。 (2009/03/04)
    GOOD!1
  • 十数年前に読んだアンジェリクを今再び読み直しています。あの時とはまた違った読み方ができ、またしてもアンジェリクの世界に浸ってしまっています。続部分を含む完全版があることを知って、それを読むまでは死ねない!という思いです。どうかお願いします。 (2009/02/01)
    GOOD!1
  • .

    .

    完全版アンジェリクの復刊が取消になったと知ってショックを受けています。
    数年内にフランス語で全28巻が刊行予定だそうですが、本当に日本語版が永久に出版されないのだったら、
    自分でフランス語を勉強してでも読みたい!!
    無精者である私に、これほど無謀かつ悲壮な決意を持たせる作品は他にありません。
    でも、素人が一生かかって拙い翻訳をしたところで、プロの翻訳家の方のそれとは比べ物にならないと
    分かっているのが悲しいところ。
    出版社が勝手に編集した現行のアンジェリクでさえそれぐらい面白いのだから完全版はどうでしょう!?
    (特に期待しているのが、トゥールーズでの新婚時代と、最終章の続編)
    アンジェリクは西洋史の副読本に推奨されるぐらい史実に忠実でお勉強にもなり、お話のスケールが大きく、
    人間描写も鮮やか・細やか・魅力的で、歴史モノとしても恋愛モノとしても、「ベルサイユのばら」を遥か彼方に
    しのぐ作品かと思います。
    もしも「完全版アンジェリク」が「ベルばら」よりも売れないとしたら、きっと広報の問題でしょう。
    復刊の再再考を切に激しく希望します!!! (2008/12/28)
    GOOD!1
  • 図書館で借りて夢中になりました。子供の頃から小説に親しみ、多くの名作や傑作にめぐり合ってきたと自負している私ですが、アンジェリクには脱帽です。次のページ、次の巻、次の展開、気になって気になってやめられない!この吸引力は怖いほどです。実際、電車内で読んでいて乗り過ごした事が何度もあります。
    余りにも面白いので自分の部屋に収納しようと思って本屋をのぞいたら、なんと絶版。もったいなさすぎる!!
    こんなにも好奇心や想像力を膨らませてくれて、さらに胸まで高鳴らせてくれる本はなかなかありません。新しい小説を求めて(というより吝嗇で??)図書館をメインで使ってる私が、一回読んだ本を買おうとするぐらいですから!
    アマゾンで中古本一式を買って無事収納の目的は達成できますが、困る事が一つ。友人にあげられない。俺の勝負球受けてみろ!ってな感じで教えてあげたくても、さすがに新品じゃないとプレゼントの用には・・。
    というわけで復刊を願ってやみません。 (2008/11/09)
    GOOD!1
  • 復刊が決まって楽しみにしていた1人です。
    もちろん続きも読みたいし、改訂版の内容も、翻訳されていない部分も、今回の復刊で読めるととても楽しみにしていました。
    中止になったと知った時はパソコンの前で呆然としてしまいました。
    私の1票は小さいかもしれませんが、再度復刊決定につながればと思っています。 (2008/10/26)
    GOOD!1
  • 木原敏江先生の漫画でアンジェリクを知って興味を持ち、書店めぐって新中古かまわず揃えてから毎年1回は一気に読んでいます。続きがあること、復刻の話があることを知り感激していたのですが、中止って本当なんですか!?
    全巻確実に購入するので復刻を熱望しています。 (2008/10/06)
    GOOD!1
  • 以前復刊決定のアナウンスが会った際、このサイトに登録をしていなかったのですが、ひとづてに復刊決定を知り、発売予定日が誕生日に重なりそうだったのも手伝って非常に楽しみにしておりました。一日千秋の想いで待っておりましたが、中止になってしまったようですので、今一度の機会を望みます。
    本当に、楽しみにしていました。 (2008/07/15)
    GOOD!1
  • 10年以上前にシリーズが発行された時、
    当時学生だった私にはお金がありませんでした。

    やっとでお金に余裕ができた時には、既に絶版状態!
    買えるお金はあるのに、本を買うことができない。
    こんな悲しいことはありませんでした。

    以降、古本をネットで探し求めたりしていますが、
    後番の巻になればなるほど、中古品でも探すのが難しい。。。
    やっとで揃えましたが、結局、70年代に発行されたものと、
    80年代に発行されたものとをゴチャマゼに持っています。

    できれば、英語版からの翻訳ものではなく、
    仏オリジナル版からの翻訳版を読みたいと切に願っております。
    (翻訳版の翻訳では、時にニュアンスが加工されてしまうこともあるので。。。)

    次に復刊された時には、もちろん「オトナ買い」しますよ!
    よろしくお願いします!! (2008/04/29)
    GOOD!1
  • 14歳の頃にアンジェリクを知り、今ではアンジェリクの年齢を
    とっくに上回ってしまいました^_^;
    10代、20代の頃は何度アンジェリクを読み返したことか・・
    結婚~子育てでアンジェリクから離れてましたが最近
    全巻を読み終え再びアンジェリク熱(ジョフレ熱?!)が
    再熱中です。

    こちらのサイトで新訳の復刻版が、しかも続編もあるらしいと知り
    いてもたってもいられずにカキコしにきました(*^_^*) (2008/03/03)
    GOOD!1
  • 一人暮らしを始めたばかりの頃、よく覘いていた本屋さんの「今月の新刊」コーナー。たまたまその日は講談社文庫版「アンジェリク はだしの女侯爵」の発売日でした。素敵な表紙のデザインに一目惚れし、衝動買い。
    それから1年間、毎月の発売日を心待ちにし、むさぼるように読みました。
    26巻、あっという間でした。今でも度々読み返しています。
    続きはないのかなーと思っていたら、もうすぐ完全版が出るのですね!
    嬉しいです。楽しみです。一生の宝物になりそうです♪ (2007/11/07)
    GOOD!1
  • 水色表紙の単行本(この時は学生だったかな?)
    イラスト表紙の単行本(この頃は社会人ヒヨコだったかな?)
    ピンクレッドの文庫本(子育ての合間に読んだっけ!)
    全巻読破には長い時間かかったけれど、二十数巻も読み進んだということは、それだけ魅力ある読み物だったということでしょう。
    泉の底に沈んでいた古いものがぽっかり浮かんでくるような感じで、この本の記憶が浮かび上がってくる時があります。
    それは、さまざまな登場人物の、性格描写が鮮やかで、時を経ても色褪せない記憶を私に残してくれたからだと思います。
    また、アンジェリクとジョフレに会いたいです。 (2007/10/31)
    GOOD!1
  • 20年以上も前になると思いますが、1巻から15か16巻まで読み、途中でやめてしまいました。今になって時々思い出しては、読んどけばよかったと感じています。当時の本も処分してしまったので、復刊を希望します。 (2007/08/26)
    GOOD!1
  • 書店の書架から消えかけていたころ、大手書店の引き出しの中に在庫されていた、最後のワンセットをGETして、それが手元にあります(^^)
    が、その続編がまだある、とのこと。
    ぜひ読みたいので、リクエストします。 (2007/03/29)
    GOOD!1
  • 木原敏江の漫画「アンジェリク」の原作です。
    全巻そろえられなくて、続きを読みたいと思ったらもう本屋さんに並んで
    いませんでした…。
    はだしの女侯爵のアンジェリクの波乱万丈の物語はわくわくさせるものがいっぱいで、私も元気をもらったものです。
    ぜひ復刊をお願いします!! (2007/02/18)
    GOOD!1
  • 高校時代に、図書室にリクエストして全巻揃えてもらいました。木原敏江先生のコミックからファンになりましたが、本のほうは、途中で挫折したまま卒業してしまいました。老後の楽しみに?!手元に置きたいなぁ、と思っています。 (2007/02/09)
    GOOD!1

T-POINT 貯まる!使える!