復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
1,870円(税込)

鉄道高速化物語 最速から最適へ

小島英俊

1,870円(税込)

(本体価格 1,700 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:17ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 小島英俊
出版社 創元社
判型 四六判
頁数 272 頁
ジャンル 実用書
ISBNコード 9784422241012

商品内容

1872年の鉄道開業以来、日本の鉄道技術は着実に進歩を遂げてきました。

世界初の高速鉄道である新幹線、次世代の高速鉄道であるリニアモーターカーの開発はその代表的な事績ですが、それ以前にも列車の高速化、所要時間の短縮を求めて、あらゆる方途が試みられています。

本書ではその歴史をひもとき、諸外国の事例と比較しつつ、高速化に寄与したさまざまな技術の発達や工夫をハード、ソフト両面から語り尽くします。

▼目次
第1章:鉄道の魅力はスピードで始まった
--鉄道開通への前奏曲
--いよいよ鉄道が開通した
--初めて汽車を知った日本人
--陸蒸気のスピードには驚いた

第2章:スピードは鉄道の本性か
--ブルーネルの野望と超広軌鉄道
--イギリス東西海岸線のデッドヒート
--ルールあるスピード競争へ
--新興国ドイツの挑戦
--アメリカ中を沸かせた流線形特急
--SLの世界記録は英独の争い
--日本の手本・イタリアの電車特急

第3章:日本の鉄道開花
--鉄路の伸展
--ささやかなスピード競争広軌化論議と内陸幹線論議

第4章:国有化から終戦まで
--国有化と新たな飛躍
--広軌化論議本番
--東海道電車計画
--待望の超特急つばめ
--日本も内燃機関は気になった
--あじあ号の位置付け
--弾丸列車計画
--まだSLの時代
--閑話休題-1:列車スピード夢物語

第5章:世界の鉄道の再興
--鉄道覇権の交代と驚異のスピード記録
--TEEの誕生
--IC(インターシティー)の登場
--イギリスは必至の巻き返し
--アメリカの苦しい挑戦・メトロライナー
--中国の大提速

第6章:日本も力強く立ち上った
--湘南電車のデビュー
--高速試験が始まった
--見果てぬ夢・東京~大阪4時間45分
--ディーゼルカーも頑張った
--小田急3000SE⇒こだま型電車

第7章:新幹線の時代
--新幹線の与えた国際的衝撃
--ライバルの登場と国際競争の開始
--「トンネルどん!」

第8章:時刻表とスピード記録を追って
--在来線のスピードアップ
--私鉄特急も目覚ましい
--運輸省認可の最高運転速度
--日本の表定速度の変遷
--世界の表定速度の変遷
--世界の最高速度の変遷

第9章:高速化へのハードウェア-1--動力、足回りの改良
--SLの限界
--中継ぎのディーゼル機関
--本命の電気列車
--交流電化の意義
--足回りの強化
--軽量化とブレーキ強化

第10章:高速化へのハードウェア-2--空力化と粘着理論
--空力問題の幕開け
--空力理論2題=涙滴ハーフカット理論と境界層理論
--粘着理論
--保線は鉄道永遠の役目

第11章:高速化へのソフトウェア
--まずは所要時間の短縮
--待たずに乗れるか⇒列車本数
--乗り換えの改善

第12章:次元の異なる超伝導リニア
--日本が独走する新技術
--リニア新幹線の基本原理
--宮崎から山梨へ

もっと見る

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!