復刊ドットコム

新規会員登録

新規会員登録

T-POINT 貯まる!使える!

5,500円以上で送料無料
2,200円(税込)

戦争に隠された「震度7」 新装版

木村玲欧

2,200円(税込)

(本体価格 2,000 円 + 消費税10%)

配送時期:3~6日後

Tポイント:20ポイント

この商品は現在販売中です

数量: 在庫数:在庫僅少

ご注文のタイミングにより品切れの場合がございます

お気に入りに追加

著者 木村玲欧
出版社 吉川弘文館
判型 A5
頁数 216 頁
ジャンル 専門書
ISBNコード 9784642083751

商品内容

太平洋戦争末期、東海地方を襲った2つの巨大地震。軍事機密の漏洩や戦意喪失防止のため、被害状況に関する報道が厳しく規制されるなか、被災地の有力紙=中部日本新聞は何をどのように伝えたのか。全国紙と比較し、地元新聞社の果たした役割を考察。
被災者たちの貴重な体験談を紹介し、防災教育の促進と意識の向上を呼びかける。注目作を新装復刊。

▼目次
はじめに
地震はいかにして隠されたのか
--東南海地震
 --震度と人的被害
 --物的被害
 --津波被害
 --復旧・復興に向けての対策
--三河地震
 --地震の特徴
 --人的被害と家屋被害
 --東南海地震の影響
 --前震への対応
 --地震発生後の対応
 --避難生活と住宅再建
 --仕事・産業への影響
  以下細目略
--政府の情報管理
どのように報道されたのか
--報道管制
--報道の軌跡
正確な災害情報を得るには
--重要な被害者体験談
--小学二年生の体験談
--津波被害をどう防ぐのか
物語『稲むらの火』がもたらしたもの
--漁師の体験談
--『稲むらの火』
過去の災害の教訓をどう生かすか
--銃後の女性の体験談
--関東大震災からの教訓
知っておきたい情報とは
--農家の体験談
--地域と災害情報
災害の経験を次世代につなぐ
--防災教育の素材
--防災教育の実践と効果
解説

関連キーワード

キーワードの編集

読後レビュー

レビュー投稿はこちら

おすすめ商品

T-POINT 貯まる!使える!