1. TOP
  2. ショッピング
  3. 専門書
  4. 『平安時代辞書論考(大槻信)』 販売ページ

平安時代辞書論考

平安時代辞書論考

  • 著者: 大槻信
  • 出版社: 吉川弘文館
  • 判型: A5
  • 頁数: 272 頁
  • ISBN: 9784642085281
  • ジャンル: 専門書
  • 価格: 10,800 円 (税込)
    (本体価格 10,000 円 + 消費税8%)

  • 現在この商品は当サイトで販売していません。
    以下のボタンより、amazon.co.jpにてお買い求めください。
  • amazon.co.jpへ
    ※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
    ※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
    ※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

文学・歴史研究において、古辞書は語彙をさぐる重要な役割を果たしてきた。
平安時代成立の『新撰字鏡』『倭名類聚抄』『類聚名義抄』を中心に、辞書が成立するための、材料となる先行の辞書類等との関係性を追究。辞書全体の仕組みと性格を押さえつつ、書写される度に変化し続けるその特徴を捉える。
古辞書を体系的に把握し、その本質に迫る意欲作。

▼目次
◇はじめに
◇概論
 --古辞書を使うということ
 〈『源氏物語』の形容詞/古辞書利用の問題点/『竹取物語』の「よ」/『古今和歌集』の「ほのかに」/『今昔物語集』の「繚」〉
 --平安時代の辞書についての覚書
 〈平安時代の辞書/辞書の日本化/古辞書の研究/古辞書を使う/今後の課題〉)
◇各論
 --古辞書と和訓―『新撰字鏡』
 〈臨時雑要字〉
 〈問題提起/古辞書と和訓/『新撰字鏡』と材料/『新撰字鏡』と不統一/臨時雑要字〉
 --『倭名類聚抄』の和訓―和訓のない項目
 〈辞書と類書/古辞書の和訓/古辞書と本文主義/『倭名類聚抄』の項目の作られ方/和訓の典拠/和訓のない項目 ほか〉
 --図書寮本『類聚名義抄』片仮名和訓の出典標示法
 --辞書と材料―和訓の収集
◇解題・凡例
 --平安時代辞書解題
 --図書寮本『類聚名義抄』凡例
◇参考文献一覧

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2018/12/19
『平安時代辞書論考』(大槻信)の注文を開始しました。

この商品は現在ご購入いただけません。

辞書辞典事典図鑑に関するQ&A

恐らく30年以上前の本のタイトルが知りたいです

現在38歳の私の小学生時代に教室にあった本のタイトルが知りたいです。 以下、記憶の断片を連ねてみます。 30年ほど前(1970〜80年代)に刊行されていたものだと思われます。 当時たく...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る