1. TOP
  2. ショッピング
  3. 文芸書
  4. 『豊臣政権の権力構造(堀越祐一)』 販売ページ

豊臣政権の権力構造

豊臣政権の権力構造

  • 著者: 堀越祐一
  • 出版社: 吉川弘文館
  • 判型: A5
  • 頁数: 304 頁
  • ISBN: 9784642029292
  • ジャンル: 文芸書
  • 価格: 9,180 円 (税込)
    (本体価格 8,500 円 + 消費税8%)

  • 現在この商品は当サイトで販売していません。
    以下のボタンより、amazon.co.jpにてお買い求めください。
  • amazon.co.jpへ
    ※在庫・発送日は遷移先のサイトでご確認ください。
    ※当ページ表示の価格とは異なる場合があります。
    ※Tポイントや特典等は対象外となりますのでご注意ください。
関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品内容

全国統一後、秀吉はいかに家臣を編成し、秩序を形成したのか。

秀吉は諸大名に臣従を促す方法で全国統一を成し遂げた結果、政権内に旧敵を内在させた。多様な家臣をどのように自己の権力下に編成し、秩序を形成したのか。官途叙任と氏姓授与を結びつけ一門の補強をめざした政策に着目し、身分序列のあり方を問う。また秀次事件や「五大老」「五奉行」という呼称の検討から、秀吉没後も視野に含めた権力構造を解明する。

▼目次
◇序章
◇豊臣権威の確立と大名序列の形成(豊臣期における武家官位制と氏姓授与/豊臣政権の支配秩序)
◇「太閤・関白体制」期における権力構造(文禄期における豊臣蔵入地/太閤・関白間における情報伝達の構造/秀次事件をめぐる諸問題)
◇「五大老」・「五奉行」の成立と政治権力構造(豊臣「五大老」・「五奉行」についての再検討/知行充行状にみる豊臣「五大老」の性格/豊臣「五奉行」の政治的位置/補論「毛利家文書」に残る二通の起請文前書案)
◇関ヶ原合戦とその後の情勢(関ヶ原合戦と家康の政権奪取構想/「豊臣体制」の解体過程/補論 豊国社臨時祭にみる徳川・豊臣の関係)
◇終章

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/01/26
『豊臣政権の権力構造』(堀越祐一)の注文を開始しました。

この商品は現在ご購入いただけません。

日本史に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

支払/配送方法

お支払い

送料は全国一律380円(税込)です。代金引換をご利用の場合、配送手数料とは別に代金引換手数料300円(税込)が別途必要になります。

5,250円以上で送料無料!10,500円以上代引き手数料無料!

キャンセル・返品についてはこちら

関連商品

TOPへ戻る