1. TOP
  2. 最新の復刊投票コメント(生物学)

最新の復刊投票コメント(生物学)

全8 件

sam

sam

あまりに有名な書物であり、多くの学問領域において種々の研究者が参照しているほど有用な研究書であるにも関わらず、日本では気軽に手を出すことができない状況が続いております。
私は、学問は初学者に開かれているべきだと考えております。稀代の名著は損得勘定ぬきで、あらゆる人が読める様にしておくことが肝腎なのです。ただでさえ日本は先行研究に当たるのが難しく、研究者に門戸が開かれていません。
当方、心理系大学院生ですが本書を手に入れようとして挫折した身です。私の様な思いをする学生を少なくするためにも、復刊を何卒よろしくお願いいたします。 (2019/01/16)

機械の中の幽霊
【著者】アーサー・ケストラー 著 / 日高敏隆 長野敬 訳

是非読んでみたいです。 (2019/01/09)

妊娠中絶の生命倫理 哲学者たちは何を議論したか
【著者】江口聡 編・監訳

ハムシについて知りたいと思い本を探しているが、日本産のハムシについて多くの書かれてあるこの書籍が本書しかなく困っている。Amazonで中古品を発見したが値段が定価の倍以上である。それならば、この復刊ドットコムで復刊してもらいたい。 (2019/01/08)

日本産ハムシ類幼虫・成虫分類図説
【著者】木元新作・滝沢春雄

読んでみたいですね (2019/01/06)

妊娠中絶の生命倫理 哲学者たちは何を議論したか
【著者】江口聡 編・監訳

ギブソンの生態学的視覚論が面白かったので、こちらも気になった (2019/01/06)

環境に拡がる心 生態学的哲学の展望
【著者】河野哲也

名著だと伺っているが、中古でも2~3万している状態は名著である以上まともな状態ではないように思われる。 (2019/01/02)

精神の生態学 第二版
【著者】グレゴリー・ベイトソン、佐藤良明

また読みたいから (2018/12/23)

マンアフターマン -未来の人類学
【著者】ドゥーガル・ディクソン 著 / 城田安幸 訳

カイガラムシの分類については他に類書がなく、古書店では価格が高騰しており入手が困難であるため。 (2018/12/22)

日本原色カイガラムシ図鑑
【著者】河合省三

全8 件

TOPへ戻る