1. TOP
  2. 復刊ドットコム 特集・企画
  3. 今月のリクエスト企画 (2017年9月メルマガ掲載分)

2017年09月08日

今月のリクエスト企画 (2017年9月メルマガ掲載分)


今月のリクエスト企画 (2017年9月メルマガ掲載分)
  • オキナワの家
  • パイレーツ・オブ・カリビアン 自由の代償 上・下
  • スージーちゃんとマービー
  • ぴーちゃんの歌

復刊ドットコムスタッフがオススメする復刊リクエストタイトルをご紹介します。
あなたが投票した作品の復刊が実現した場合、その商品を当サイトで購入すると
Tポイントが5倍になります!
詳しくは、「ダブルボーナスプログラム」のページをご確認ください。
皆さまからのたくさんのリクエスト、お待ちしております!

おすすめの復刊リクエスト

オキナワの家

得票:101票

オキナワの家

著者: 伊礼智
出版社: インデックス・コミュニケーションズ

沖縄出身の建築家・伊礼智が、子どものころに住んでいた沖縄の家について描いた絵本。2004年刊。
先人たちの知恵の結晶でもある“風土にあった家づくり”について、沖縄の気候や文化の紹介とともに、やさしい文章とスケッチ、写真で紹介する内容です。
子ども向けの本という体裁ながら、大人でも十分読みごたえのある名著であると評価も高く、多くの復刊リクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
建築家・伊礼智さんがお生まれになった沖縄の家を、伊礼さんが解説されているらしいのですが、もうこの本を新しく買うことができません。建物だけでなく、多くの著作でいろいろな気づきをくださる伊礼さんの本をぜひ復刊していただきたいです。


沖縄に生まれ育ち 変わり行く風景、建物 大切にしていきたい文化が無くなっていく 残しておきたい一冊です。

投票する

パイレーツ・オブ・カリビアン 自由の代償 上・下

得票:93票

パイレーツ・オブ・カリビアン 自由の代償 上・下

著者: A・C・クリスピン 著 / 富永和子 訳
出版社: 竹書房

全世界でメガヒットを続ける映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズから派生した2011年刊行の外伝小説で、主人公ジャック・スパロウの若き日(25歳当時)を描いた作品です。
デイヴィ・ジョーンズ、カトラー・ベケットら映画でおなじみのキャラクターも登場するなど、同作品のファンにとっては見逃せない内容で、この夏公開された映画第5作「最後の海賊」を通じて、改めてこの“番外編”小説にも大きな注目が集まっています。

【リクエストコメントより】
ジャックとブラックパール号との関係や、映画のストーリー以前の物語を知りたい。と思い、本を探しましたが、中古でも見つからず、、唯一あっても高価な値段でした。しかも上巻のみ。下巻は、手に入れるチャンスがもっと少ない気がします。めちゃくちゃ読みたいのに、とても悔しいです。もう一度、買える...


昨日映画を見てどっぷりはまってしまい、関連本を探そうとしましたが、一番読んでみたかったこの本だけは中古でもどこを探しても見つかりません。どうしても読みたくて読みたくて仕方がありません。復刊をよろしくお願いします。

投票する

スージーちゃんとマービー

得票:78票

スージーちゃんとマービー

著者: さべあのま
出版社: 小学館

6~7歳の女の子・スージーと1歳半の男の子・マービーの2人が主人公で、漫画のコマ割りに絵本のテイストを混ぜ合わせたような、ユニークな作風の作品。1994年から8年間にわたり絵本雑誌「おひさま」に連載され、1999年からはTVアニメでも放映されました。
連載誌では、6巻分の長さでストーリーが完結しているものの、単行本は諸事情により5巻までしか刊行されておらず、すでに新品では入手困難な1~5巻に幻の最終巻=第6巻を合わせた“全6巻”での復刊を希望するリクエストが、多数寄せられています。

【リクエストコメントより】
四歳下の妹が生まれた頃「おひさま」が大好きで、読んでいれば両親が妹にかかりきりでも寂しくありませんでした。中でも大好きだった作品がこの「スージーちゃんとマービー」です。当時の私はスージーちゃんに「女の子」「お姉ちゃん」としての理想の姿を投影していたと思います。物語に登場する料理を作...


子供の頃に読み、懐かしく思い、また読みたいなと思ったので復刊を希望します。

投票する

ぴーちゃんの歌

得票:23票

ぴーちゃんの歌

著者: 坂崎千春
出版社: 青春出版社

文鳥のぴーちゃんとの交流を描いたハートフル絵本。2000年刊。作者はJR東日本のICカードのイメージキャラクター「Suicaのペンギン」の生みの親でもある坂崎千春で、シンプルな描画と優しげな文章の中に、命の尊さという大切なメッセージが込められた内容です。
今では古書市場にも出回ることの少ないこの本に、特に鳥好きな方を中心に、復刊リクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
「文鳥」で検索すると必ず紹介されているので気になっていたこの作品。読まれた方の評判がよく、坂崎さんが作者と知ってとても期待していた本。絶版になっていてショックです。 文鳥がテーマのものは少ないのでぜひぜひ復刊してほしいです。文鳥&小鳥たちの愛らしさを多くの方に知ってもらえれば…。...


内容が小鳥。小さい命でも人の心を動かしたり、生活を変えることができるということ。どちらかというと大人の絵本のようですが、子供も小さな命の大切さを感じられる本。 何度読んでも感動的であること。とにかく、一度は読んでみたい本です。

投票する

T-POINT

Tポイントキャンペーン
「ダブルポイントプログラム」実施中
投票タイトルを購入:ポイント5倍
※事前にTポイント利用手続きが必要です。

スケジュール

投票受付スケジュール
投票受付:投票期限はありません
※必ずしも復刊をお約束する企画ではございません。

投票結果のお知らせ

復刊決定!

皆さまからの投票をもとに、以下のタイトルの復刊が決定しました。

オキナワの家

著者:伊礼智
配送時期: 2018/06/中旬
在庫数: 36 個
価格: 予価 2,484 円

購入はこちら

TOPへ戻る