1. TOP
  2. 復刊ドットコム 特集・企画
  3. 今月のリクエスト企画 (2017年6月メルマガ掲載分)

2017年06月07日

今月のリクエスト企画 (2017年6月メルマガ掲載分)


今月のリクエスト企画 (2017年6月メルマガ掲載分)
  • 小さなピスケのはじめてのたび
  • 音楽の革命児ワーグナー
  • メイキングオブ マイマイ新子と千年の魔法
  • 金子一馬画集 III

復刊ドットコムスタッフがオススメする復刊リクエストタイトルをご紹介します。
あなたが投票した作品の復刊が実現した場合、その商品を当サイトで購入すると
Tポイントが5倍になります!
詳しくは、「ダブルボーナスプログラム」のページをご確認ください。
皆さまからのたくさんのリクエスト、お待ちしております!

おすすめの復刊リクエスト

小さなピスケのはじめてのたび

得票:122票

小さなピスケのはじめてのたび

著者: 二木真希子
出版社: ポプラ社

スタジオジブリ作品「天空の城ラピュタ」の鳩とシータ、「おもひでぽろぽろ」の紅花摘み、「もののけ姫」のシシ神登場など幾多の名シーンの原画を担当し、近年では「精霊の守り人」シリーズの挿絵でも人気を博したアニメーターによるオリジナル絵本。1993年刊。
昨年5月に58歳の若さで逝去、その後一周忌を契機にSNSなどを通じて再び注目が集まっています。シリーズ第2弾『小さなピスケのはじめてのともだち』とともに、多くの復刊リクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
二木真希子さんの精霊の守り人の挿絵から二木さんの絵にに興味を持っていました。 前々から作品自体は知っていたのですが、地元の図書館などにも置いていることがなく今回このような機会を設けられていることを知り、ぜひ一冊手元に置いておきたいと思い参加させていただいております。 二木さんの...


はじめて手にした時からずっと大切な絵本。あたたかくて優しくて、とても繊細な画…この絵本から滲み出てくる二木真希子さんの植物・生き物への想いに癒され励まされる。たくさんの方にこの絵本と次の2巻目の絵本も読んでほしいから復刊を希望します。そして、ササユリカフェさんで表紙を観た幻の第3巻...

投票する

音楽の革命児ワーグナー

得票:146票

音楽の革命児ワーグナー

著者: 松本零士
出版社: 音楽之友社

ワグネリアンとして知られる松本零士が自らペンを執り、ワーグナーの伝記を書いたテキスト部分と、自身のワーグナーとの出会いを描いた短編漫画の双方が楽しめる一冊。<ジュニア音楽図書館 作曲家シリーズ>の第17巻として、1982年に刊行されました。
“松本サーガ”の集大成とされる大作『ニーベルングの指輪』への序章となった“松本ロマン”のエッセンスが詰め込まれています。現在は入手困難につき古書価格も高騰。本書への復刊リクエストが多数寄せられています。

【リクエストコメントより】
中学生の頃学校の図書室に置いてあり、勉強面でも、そして一松本零士ファンとしても非常に有意義な一冊でした。後年手元に欲しいと探したところ、時価で3万を超えるという情報を知り愕然と致しました。 是非とも手元に持ちたく復刊を希望致します。


松本零士作「ニーベリングの指輪」を読み、作者がどのような経緯で原作に出会い、どのような心情でこの作品を書上げたのか、また原作の詳しい内容、何を読者に伝えようとしていたのかを知りたいと思い、この度サイトに投票させていただきました。

投票する

メイキングオブ マイマイ新子と千年の魔法

得票:91票

メイキングオブ マイマイ新子と千年の魔法

著者: ポストメディア編集部 編
出版社: 一迅社

映画「この世界の片隅に」の大ヒットで改めて脚光を浴びることとなった、片渕須直監督の前作「マイマイ新子と千年の魔法」。この映画の制作の裏側を伝えるのが本書です。原画集、キャラクターや美術の設定、アフレコ台本、監督やスタッフのインタビューなど、この映画をさらに深く理解できるコンテンツがバラエティ豊かに収められています。
映画のブルーレイ化が実現し、高樹のぶ子の原作本『マイマイ新子』が復刊される中、今度は本書の復刊を! と、多くのリクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
リバイバル上映でこの作品を鑑賞したのですが、世界観の細やかさに惹かれました。本の存在は鑑賞後に知ったのですが、廃刊という事で読むのを諦めてました。この作品について理解を深めたいので、復刊が実現されたら是非購入して読みたいと思います。


映画「この世界の片隅に」で片渕監督を知り、前作「マイマイ新子と千年の魔法」に出会いました。 長年に渡り、多くの根強いファンに愛されている本作の魅力を深く知りたいと思う中で、本書の存在を知りました。 既に廃刊となっている本書をプレミア価格でも買うかどうか迷いましたが、偶然本サ...

投票する

金子一馬画集 III

得票:75票

金子一馬画集 III

著者: 金子一馬
出版社: 新紀元社

アトラスの人気ゲームソフト「真・女神転生」シリーズを手がけてきた悪魔絵師 金子一馬の設定原画集。2008年刊。第3弾となる本書には、『真・女神転生III -NOCTURNE/マニアクス』の原画を中心に、『真・女神転生NINE』『真・女神転生』や『真・女神転生II』のコンピュータ彩色画像も収録されています。2017年6月に待望の第4弾が発売され、入手困難な過去3作に改めて注目が集まっています。

【リクエストコメントより】
新刊として4冊目の販売が決定したとの事ですので、 過去のものも含めて、全冊揃えを希望する方もいらっしゃると思います。 貴重なイラストが見れるすばらしい内容でしたので、 この機会に求めやすくなると嬉しいです。


特殊印刷で金子一馬氏が描く悪魔の数々が鮮やかに掲載されたこの画集はファンには必須アイテムです。読む用、保存用と複数買おうと思っていたのに気づいたら廃盤…だったので是非!それと同時に復刊が事実上企画自体がなくなってしまった状況の4巻以降の発売に繋がれば…。

投票する

T-POINT

Tポイントキャンペーン
「ダブルポイントプログラム」実施中
投票タイトルを購入:ポイント5倍
※事前にTポイント利用手続きが必要です。

スケジュール

投票受付スケジュール
投票受付:投票期限はありません
※必ずしも復刊をお約束する企画ではございません。

TOPへ戻る