1. TOP
  2. 復刊ドットコム 特集・企画
  3. 書物復権2018

2017年12月27日

書物復権2018


書物復権2018
  • マルクスに凭れて六十年 自嘲生涯記
  • 心は機械で作れるか
  • 現代語訳 碧巌録 上・中・下
  • 変化の原理 新装版

専門書出版社10社で実施する共同復刊企画≪書物復権≫。各社選りすぐりの全140タイトルが、復刊候補としてエントリーされています。2月28日(水)までの応募受付期間中に寄せられたリクエストを参考に、4月中旬には復刊作品が決まります。復刊書籍は、5月下旬より復刊ドットコムで販売の予定です。

▼参加出版社
岩波書店/紀伊國屋書店/勁草書房/青土社/東京大学出版会/白水社/法政大学出版局/みすず書房/未來社/吉川弘文館

エントリー全133タイトルの一覧はコチラから!

おすすめの復刊リクエスト

マルクスに凭れて六十年 自嘲生涯記

得票:75票

マルクスに凭れて六十年 自嘲生涯記

著者: 岡崎次郎
出版社: 青土社

専門書出版社10社による共同復刊企画≪書物復権2017≫。復刊候補140タイトルの中でも、ひときわ大きな注目を集めているのが本書です。三度にわたって『資本論』を翻訳した研究者・岡崎次郎氏による自伝的エッセイや翻訳の裏話などが書かれた本書に、多くの復刊リクエストが寄せられています。

【リクエストコメントより】
過激な封建主義者の呉智英が絶賛した本として有名だが、 横浜市立の図書館にはこの本が無く、 手頃に読めない状態なため 是非とも復刊してほしい! 内容自体も観念的な難しさはあまり無く(後半に数頁でてくるだけ)、 自伝として秀逸な面白さが全編満ちている。


実は資本論関係をネットで調べていたら、岡崎氏の晩年(?)ことやさらに岩波版の資本論翻訳についてのいきさつを初めて知り驚いています。 この本にはそのことが書かれていると知り投票します。 ちなみに私が持っている資本論翻訳本(といっても第一巻分の(1)〜(3)までですが)は氏が翻訳し...

投票する

心は機械で作れるか

得票:21票

心は機械で作れるか

著者: ティム・クレイン 著 / 土屋賢二 監訳
出版社: 勁草書房

【リクエストコメントより】
著者のクレインは現代の心の哲学において大きな影響力をもっており、本書は心の哲学の入門書として優れているから。


改めて人間とは何か考えるために、読んでみたい

投票する

現代語訳 碧巌録 上・中・下

得票:15票

現代語訳 碧巌録 上・中・下

著者: 末木文美士 編 / 『碧巌録』研究会 訳
出版社: 岩波書店

【リクエストコメントより】
以前から関心がありましたが、原文ではなかなか理解が難しいと思い、手が出せずにいました。キリスト教の聖書も常に最新の研究に基づく現代語訳が出ていますね。本書も学問的に正確な現代語訳なら(併せて訳注や解説なども豊富にあれば)ぜひ精読したいと思います。


非二元ブームの今こそ、正当な禅を理解する手引きが必要だと思います。

投票する

変化の原理 新装版

得票:2票

変化の原理 新装版

著者: ポール・ワツラウィック 著 / 長谷川啓三 訳
出版社: 法政大学出版局

【リクエストコメントより】
組織改革に興味があり、是非、読んでみたい。


どこを探しても品切れ、中古の本は原価2500円にもかかわらず19800円という高値です。 何とか復刊をお願い致します

投票する

T-POINT

Tポイントキャンペーン
「ダブルポイントプログラム」実施中
投票タイトルを購入:ポイント5倍
※事前にTポイント利用手続きが必要です。

スケジュール

投票受付スケジュール
投票受付:2018年2月28日(水)まで

TOPへ戻る