1. TOP
  2. 餌に熊さんの公開ページ

餌に熊さんのページ

復刊リクエスト投票

去りにし日々、今ひとたびの幻

元短編もインパクトあって良いのですが、長編化で加えた第三部 「虹色のガラスのドーム」の悪夢ぶりもけっこう好きだったり(笑) (2006/01/10)

去りにし日々、今ひとたびの幻
【著者】ボブ・ショウ

妖精たちの王国

たしかに第2期以降の妖精文庫か「異色作家短編集」あたりでしか 紹介できなかっただろうなあ(今なら奇想コレクションか)という 独特の切り口での妖精譚です。 今時の妖精好きの方にもぜひ一読をお薦めしたい本です。 (2006/01/10)

妖精たちの王国
【著者】シルヴィア・タウンゼンド・ウォーナー

別冊奇想天外 10 SFファンタジー大全集

持ってますが、いーかげん35年前の雑誌となると紙状態が かなり辛いです。内容は粒ぞろい。すでにあちこちの アンソロジイや短編集に再録されているものも多いですが 団精二が分類して各ジャンル毎に解説を寄せたこの構成で (できればハードカバーで)復刊したら文句ないですねー。 (2005/07/06)

別冊奇想天外 10 SFファンタジー大全集
【著者】中村妙子 井村君江 ほか

アザーエデン

クセモノ揃い、粒揃いの短編集です。 ぜひ復刊して、今の読者も楽しませてください。 個人的にはキルワースの「豚足ライトと手鳥」 M・ジョン・ハリスンの「ささやかな遺産」だけのためにでも 読む価値ありかと。 (2005/03/09)

アザーエデン
【著者】C.エヴァンズ、R.ホールドストック編・浅倉 久志 (翻訳)

「美妙な死体」の物語

妖精文庫亡き後、一部の短編は「恐怖の館」(工作社)に再録されましたが、こちらのタイトルストーリー「「美妙な死体」の物語」はじめ数編は埋もれたまま。なにより、あの熱い中編「石の扉」が読めない状態になっているのは辛い事です。復刊を希望します。 (2005/03/08)

「美妙な死体」の物語
【著者】レオノーラ・カリントン

もっと見る

餌に熊さん

餌に熊さん

プロフィール

[ニックネーム]
餌に熊さん

TOPへ戻る