1. TOP
  2. みのむしさんの公開ページ

みのむしさんのページ

復刊リクエスト投票

松下連邦経営

戦後、日本の経済を支えた代表企業の松下電器、現パナソニックの経営の本質を見極め、具体的には、社長松下幸之助の補佐役として、大番頭高橋荒太郎の経理システムの構築が、現在のパナソニックを作っていることが、よくわかった。 とくに、高橋氏の経理社員制度の導入が、現在の成功の最大の秘密であるということ。 具体的には、経理社員を本社直轄の採用を行い、全国の商品別の各事業部に、お目付け役として、派遣・所属させて、事業部の実態を日々把握させ、タイムリーに、問題点・改善策を立案、実践させているところに、松下の凄さが、あることが、よくわかった。 (2014/08/14)

松下連邦経営
【著者】石山四郎

「松下経理大学」の本

戦後、日本の経済を支えた代表企業の松下電器、現パナソニックの経営の本質を見極め、具体的には、社長松下幸之助の補佐役として、大番頭高橋荒太郎の経理システムの構築が、現在のパナソニックを作っていることが、よくわかった。 とくに、高橋氏の経理社員制度の導入が、現在の成功の最大の秘密であるということ。 具体的には、経理社員を本社直轄の採用を行い、全国の商品別の各事業部に、お目付け役として、派遣・所属させて、事業部の実態を日々把握させ、タイムリーに、問題点・改善策を立案、実践させているところに、松下の凄さが、あることが、よくわかった。 経理社員制度設立者、高橋荒太郎の考え方を発展させた、現在の松下経理の代表的功労者でもある、国会答弁もした樋野専務の本だから、具体性がある。 (2014/05/10)

「松下経理大学」の本
【著者】樋野正二

レビュー

「松下経理大学」の本

樋野専務は、松下経理の最高の功労者。

戦後、日本の経済を支えた代表企業の松下電器、現パナソニックの経営の本質を見極め、具体的には、社長松下幸之助の補佐役として、大番頭高橋荒太郎の経理システムの構築が、現在のパナソニックを作っていることが、よくわかった。

とくに、高橋氏の経理社員制度の導入が、現在の成功の最大の秘密であるということ。
具体的には、経理社員を本社直轄の採用を行い、全国の商品別の各事業部に、お目付け役として、派遣・所属させて、事業部の実態を日々把握させ、タイムリーに、問題点・改善策を立案、実践させているところに、松下の凄さが、あることが、よくわかった。

経理社員制度設立者、高橋荒太郎の考え方を発展させた、現在の松下経理の代表的功労者でもある、国会答弁もした樋野専務の本だから、具体性がある。 (2013/11/15)

「松下経理大学」の本 (【著者】樋野正二) 復刊リクエスト

松下連邦経営

松下の凄さは、経理社員制度に、有。

戦後、日本の経済を支えた代表企業の松下電器、現パナソニックの経営の本質を見極め、具体的には、社長松下幸之助の補佐役として、大番頭高橋荒太郎の経理システムの構築が、現在のパナソニックを作っていることが、よくわかった。

とくに、高橋氏の経理社員制度の導入が、現在の成功の最大の秘密であるということ。
具体的には、経理社員を本社直轄の採用を行い、全国の商品別の各事業部に、お目付け役として、派遣・所属させて、事業部の実態を日々把握させ、タイムリーに、問題点・改善策を立案、実践させているところに、松下の凄さが、あることが、よくわかった。 (2013/11/14)

松下連邦経営 (【著者】石山四郎) 復刊リクエスト

豊臣秀長のすべて

秀長は、スーパー経理マン!

豊臣秀長は、ビジネスマン必須の必読書であります。

特に、現在社会の社長等、会社トップの補佐役、特に、経理マンは、必読書であります。

水飲み百姓から、天下をとった秀吉ばかり注目されるが、本当は

秀吉の優秀な弟、秀長の補佐役がいて、秀吉の影となり、日なたとなり、

いろいろな複雑な人間関係・軍資金の調達など、今でいう

会社の経理マンの働きなくしては、秀吉は、天下を取れなかった。

現在でも、企業は、社長の補佐役の経理マンなくして、経営は、うまくいかない。

私は、ビジネスマン必須の愛読書とすべきだと思う。 (2013/11/14)

豊臣秀長のすべて (【著者】新人物往来社) 復刊リクエスト

みのむしさん

みのむしさん

プロフィール

[ニックネーム]
みのむしさん

TOPへ戻る