1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『広告批評(月刊誌)(天野祐吉/島森路子)』 投票ページ

広告批評(月刊誌)

  • 著者:天野祐吉/島森路子
  • 出版社:マドラ出版
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2017/11/14
  • 復刊リクエスト番号:65975

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

『広告批評』は、主にテレビCMなどの広告を批評する日本の月刊誌である。主宰は天野祐吉(故人・同誌を出版するマドラ出版の社主でもある)で、編集人兼発行人は島森路子(故人)である。2009年4月号を最終号として休刊した。歴代編集長は2人。創刊者である天野祐吉が初代編集長を務め、島森路子がそれを引き継いで最後まで編集長として活躍した。「広告批評」の休刊は、2008年に天野祐吉と島森路子が話し合い決めた。(ウィキペディアより)

新着投票コメント

広告関係書籍の出版は、宣伝会議が一手に仕切っている実情があります。クリエイティブをカバーする月刊誌として『ブレーン』がありますが、批評性、評論性に乏しく、ジャーナリスティックな観点で広告を俯瞰しているとは言えません。また、デザインへの偏向も見られ、コピーライティングやCMプランニングへの洞察も皆無と言えます。経済色の強い宣伝会議の出版物では補えない、あるいは、そもそもフォローする気のない、広告のカルチャーとしての側面に着目する本誌が、いかなるかたちであれ復刊することを望みます。休刊の理由に、Webの登場によるメディアの変化が挙げられていましたが、生活に根ざしたツールとして定着した今、それを批評することも可能でしょうし、その必要があると感じます。 (2017/11/14)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/11/14
『広告批評(月刊誌)』(天野祐吉/島森路子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『広告批評(月刊誌)』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る