1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『暗号理論のための格子の数学(D.ミッチアンチオ)』 投票ページ

暗号理論のための格子の数学

  • 著者:D.ミッチアンチオ
  • 出版社:シュプリンガージャパン
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2017/09/05
  • ISBNコード:9784621064078
  • 復刊リクエスト番号:65648

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

格子は無限の規則的なn次元の網目の交点の集合として、図形的に記述できる幾何的な対象である。数学において古くからの研究対象であったが、特に近年、暗号との関わりにおいての応用面から急速に研究成果が蓄積されてきている。本書は暗号との関わりを中心に据えて、格子の諸問題に関する計算量の理論とアルゴリズムを述べるものである。概念導入には2次元格子から始めて徐々に一般次元へと進んでいる。LLLアルゴリズムの記述の前には、2次元格子に対するガウスのアルゴリズムを紹介して、基底簡約が感覚的にもわかるように工夫されている。

新着投票コメント

格子に詳しい暗号理論の和書は調べた限りでこれのみであるため。 (2017/09/05)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/09/05
『暗号理論のための格子の数学』(D.ミッチアンチオ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『暗号理論のための格子の数学』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る