1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『山のある家 井戸のある家 東京ソウル往復書簡(津島佑子、申京淑)』 投票ページ

山のある家 井戸のある家 東京ソウル往復書簡

  • 著者:津島佑子、申京淑
  • 出版社:集英社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2017/08/08
  • ISBNコード:9784087748574
  • 復刊リクエスト番号:65517

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

東京に住む日本語作家の津島佑子と、ソウルに住む韓国語作家の申京淑とが、一年にわたって毎月交わした往復書簡集。
二人の身近な人々や出来事への思いをつづった書簡集で、教養深く冷静な二人が、自身の過去や現在を語りながら、日韓関係にも思いをはせる。

投票コメント

私は30歳を過ぎてこの本を読みましたが、中学生・高校生くらいの女の子に読ませたい。 太宰治を父に持つ津島佑子と、女工として働きながら夜間学校を経て、大学に入学、作家としての修練を積んだ申京淑が、歴史を知った上で、日常の出来事を報告し合いながら、日韓関係を思ったりする(憂うだけでもなく、希望見いだすだけでもなく、声高に主張するでもなく)。 教育とはそんな簡単なことではないのは分かっているけれども、他の人よりは少し恵まれない環境に育った女の子が、自分自身で誰のせいにするでもなく人生を切り開き、冷静な教養深い大人になっていく様子を、見せつけるのではなく、うかがわせていく、この本全体が持つ雰囲気が、10代の女の子の心の糧になると思う。 そして、冷静で知的で、自身の主張を言葉で表現できる人が増えれば、社会も成熟するのではないかというふうにも期待を持たせる本である。 (2017/08/08)

1

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/08/08
『山のある家 井戸のある家 東京ソウル往復書簡』(津島佑子、申京淑)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

集英社に関するQ&A

30年ほど前のりぼんのふろく

30年ほど前の、りぼんの付録だったの思うけれど、両親が死んだ小学生の兄妹の話。お兄さんが働いて妹(ゆっこ)を育てるけれど、病気になって死んでしまう。 りぼんの付録で黄緑色の文庫だったのは覚えているけれど...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『山のある家 井戸のある家 東京ソウル往復書簡』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る