1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 実用書
  4. 『馬の瞳を見つめて(渡辺はるみ)』 投票ページ

馬の瞳を見つめて

  • 著者:渡辺はるみ
  • 出版社:桜桃書房
  • ジャンル:実用書
  • 復刊リクエスト開始日:2017/08/02
  • ISBNコード:9784756720696
  • 復刊リクエスト番号:65495

得票数
12票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

華麗に駆け抜ける競走馬。
引退した競走馬はどこへ行くのか。
馬達の幸せとは何なのか。
私たちに出来ることは何があるのか。
競走馬を生産する牧場にいる著者の視点。
引退馬について深く考えることの出来る良書。

投票コメント

華やかな競馬界の裏で 次々と淘汰されていく競走馬達 競走馬とはなんなのか 引退馬とはなんなのか 馬にとって幸せとはなんなのか 引退馬支援が広がりつつある今だからこそ 読んでいただきたい一冊です 著者がどれだけの重い十字架を背負いながら、馬と向き合っていく姿に、様々な事を教えられます。 (2017/08/02)

2

引退馬の現実を知ることが怖くて、この本を手に取らずじまいでした。著者の渡辺さんは、先日亡くなったウラカワミユキを看取ってくれた方。やっぱり本を開くのに勇気はいりそうだけど、渡辺さんの思いに触れてみたいです。 (2017/08/02)

2

yu

yu

この本は 競走馬の引退後の真実の世界を伝えています 人との関わりの中、馬が生きる事はどういうことなのか?の根底にある世界です 可哀想など、表面的な精神世界とは切り離された、大切な要素が含まれていると思います 私はこの本を読んでいませんが、渡辺はるみさんとは知り合いです だから今、この本を手に入れたいのです (2017/08/03)

1

著者がウラカワミユキをお世話した方との事。 なにが書かれているのか是非とも読んでみたい。 競馬を見始めたころ、引退馬や用途変更になった馬の行方は探してはいけないと言われ、その意味がわかった時は胸が痛くなりました。 以前に比べれば少しは環境は良くなったのかなと思いますが、もっと支援する人数が増えなければ支えきれません。 この本が復刊されて全国の競馬場にも置かれ、多くの競馬ファンが手に取る機会があればいいなと思います。 (2017/08/02)

1

おすすめの本という事で引退馬の事を 今よりさらに深く理解したいと思い読みたく 探しましたが今は重版されていないという事。 私と同じような思いで、この本を探している方も いらっしゃるのではないでしょうか。 引退馬の保護・支援について少しずつ 理解・活動が広まりつつある今だからこそ 復刊を希望します。 (2017/08/02)

1

もっと見る

新着投票コメント

どうしても読んでみたい本でした。 中古の本はあっても、価格が高すぎて買えません。 (2017/08/05)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/08/03
『馬の瞳を見つめて』が10票に到達しました。
2017/08/02
『馬の瞳を見つめて』(渡辺はるみ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『馬の瞳を見つめて』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る