1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『リスボンへの夜行列車(パスカル・メルシエ)』 投票ページ

リスボンへの夜行列車

  • 著者:パスカル・メルシエ
  • 出版社:早川書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2017/03/20
  • ISBNコード:9784152092816
  • 復刊リクエスト番号:64830

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

古典文献学の教師ライムント・グレゴリウス。五十七歳。ラテン語、ギリシア語、ヘブライ語に精通し、十人以上の生徒と同時にチェスを指せる男。同僚や生徒から畏敬される存在。人生に不満はない―彼はそう思っていた、あの日までは。学校へと向かういつもの道すがら、グレゴリウスは橋から飛び降りようとする謎めいた女に出会った。ポルトガル人の女。彼女との奇妙な邂逅、そしてアマデウ・デ・プラドなる作家の心揺さぶる著作の発見をきっかけに、グレゴリウスはそれまでの人生をすべて捨てさるのだった。彼は何かに取り憑かれたように、リスボンへの夜行列車に飛び乗る―。本物の人生を生きようとする男の魂の旅路を描き、世界的ベストセラーを記録した哲学小説。(「BOOK」データベースより)

新着投票コメント

映画「リスボンへ誘われて」がとてもよかったので、原作本を入手したいと思いました。 (2017/04/15)

0

映画『リスボンに誘われて』の原作です。 映画も素晴らしく、原作もベストセラーだったのに、原作が手に入らず悲しいです。 この琥珀色の表紙をぜひ手元に置きたいです。 (2017/03/20)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/03/20
『リスボンへの夜行列車』(パスカル・メルシエ)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『リスボンへの夜行列車』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る