1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. エンタメ
  4. 『痛みの作文(アナーキー)』 投票ページ

痛みの作文

  • 著者:アナーキー
  • 出版社:ポプラ社
  • ジャンル:エンタメ
  • 復刊リクエスト開始日:2016/07/06
  • ISBNコード:9784591100615
  • 復刊リクエスト番号:63615

得票数
1票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

話題沸騰中のラッパーが綴る、
魂のライフストーリー。

この本の主人公・キタオカケンタは、古都京都の南端にある巨大な市営住宅出身。
小学校低学年の頃、両親が離婚し、「ロックか? ロックじゃないか?」をすべての判断基準とするオトンの元で育つ。小学生の時から金髪で、当時のあだ名は"金髪ケンタ"。
父親を通し、アメ車、ロックンロールなどアメリカン・ポップカルチャーの影響をもろに受け、また、漫画『スラムダンク』との出会いをきっかけに、小学校高学年からバスケットボールにのめり込む。
この頃には、友達と鍵付きのまま停めてあるバイクを探す"冒険"を連夜繰り広げたりと、とにかくヤンチャだった。
中学校では、バスケットボール部のキャプテンを務めつつ、遊びやケンカに明け暮れる日々。授業を受けた記憶がまったくない。中学3年のある日、父親がカラダ中に刺青を入れ、突如彫り師になって帰宅するというハプニングが。この年、15歳でラッパーとしての活動を開始。クラブで会ったジェシーと"サムライ"というユニットを結成、地元京都でのライブ活動が注目を集める。・・・・・・が、のっぴきならない事態が勃発し、16歳で地元の伝統ある暴走族を突如復活させ、総長となる。
暴走族を1年続け、引退を控えた時期に、宇治川のほとりで起きた大規模なケンカが問題となり、それまでの余罪も問われて逮捕される。罪状のひとつは、日本で3例目という「決闘罪」だった。
逮捕の直前に、敵対した暴走族のメンバーまでをも含んだ"ANARCHY"というチームを結成するが、18歳の1年間を少年院で送ることになる。ここで、ヒップホップで"上"に行くことをあらためて決意。出院後、チーム"ANARCHY"を解散して、みずから「アナーキー」と名乗るようになった。
2000年には、ジェシーのほか、中学校で出会ったアキオ、隣の中学のトンコとダイキの5人と共に"RUFF NECK"を結成。
現在も関わった人間のすべてを巻き込み、"RUFF NECK"の仲間たちとともに荒れたヒップホップ・ロードを疾走中。

新着投票コメント

ラッパーの自伝は他にも面白いものが多いので読んでみたいです。 (2016/07/06)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/07/06
『痛みの作文』(アナーキー)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ポプラ社に関するQ&A

25年ほど前に読んだ小学生(女子)向けの小説

80年代後半から90年代前半に私が小学生の頃読んだ小説のタイトルが分かりません。 女の子が主役で、ストーリーはほとんど覚えていません。 バブルバスに入る場面があり、その頃は珍しかったのでよく覚え...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『痛みの作文』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る