1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『猿と女とサイボーグ -自然の再発明(ダナ・ハラウェイ 著 / 高橋さきの 訳)』 投票ページ

猿と女とサイボーグ -自然の再発明

  • 著者:ダナ・ハラウェイ 著 / 高橋さきの 訳
  • 出版社:青土社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2016/05/23
  • ISBNコード:9784791758241
  • 復刊リクエスト番号:63462

得票数
4票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

「霊長類学、免疫学、生態学など、生物科学が情報科学と接合される―。高度資本主義と先端的科学知が構築しつづける“無垢なる自然”を解読=解体し、フェミニズムの囲い込みを突破する闘争マニフェスト。」
ポストヒューマニズムや人新世、人間的なものを超える人類学等、現在、人文学の先端的な議論において、先行研究の筆頭格として登場する一冊です。古書市場では価格が高騰し、入手困難な状況が続いています。しかし高度情報化時代を予見し、自然と人間、テクノロジーの問題系を鋭くえぐる本書の内容に照らせば、復刊どころかむしろ新刊としての価値さえある一冊です。

ジェンダー/セクシュアリティ/階級/文化を規定する、フェミニズムの囲い込みを突破するフェミニズム科学論の決定版。ハラウェイの代表的著作。

【刊行年】初版2000・最終版2008年
【判型】四六判【頁数】558頁
【価格】予価4536円(本体4200円)


投票コメント

本書の重要性は抜きにしても、絶版状態、古書市場での高騰、人文学におけるプレゼンスの高まりを総合的に判断して、需要はみこめると思います。 難解で知られる本書ですが、ようやく時代がハラウェイに追いついたといえるでしょう。 専門家は原書を読むとしても、専門を異にする人やテクノロジーや人間という概念に関心を持つあらゆる人が、英語ではなく、日本語を介して本書にアクセスし、これを教養とすることができるということ自体に特別な意味があります。 日本の学術文化を担う出版社には、本書に誰もがアクセスできる状態にしておく責務があると考えます。 (2016/05/23)

1

まったく手に入りません。ぜひ復刊をお願いします。 (2016/11/07)

0

基本書籍ですので、定価で購入できないと困ります(古書市場で価格が高騰してしまっています)。 できれば文庫での復刊を望みます。 (2016/08/18)

0

cam

cam

文庫での復刊を希望します (2016/06/21)

0

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • 猿と女とサイボーグ 自然の再発明 新装版

    猿と女とサイボーグ 自然の再発明 新装版

    在庫なし

    【著者】ダナ・ハラウェイ 著 / 高橋さきの 訳
    【発送】3~6日後

    ジェンダー/セクシュアリティ/階級/文化を規定する、フェミニズムの囲い込みを突破するフェミニズム科学論の決定版。ハラウェイ...

    3,888 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/03/31
『猿と女とサイボーグ 自然の再発明 新装版』復刊決定!
2016/05/23
『猿と女とサイボーグ――自然の再発明』(ダナ・ハラウェイ / 高橋さきの 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『猿と女とサイボーグ -自然の再発明』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る