1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『アリスの服が着たい ヴィクトリア朝児童文学と子供服の誕生(坂井妙子)』 投票ページ

アリスの服が着たい ヴィクトリア朝児童文学と子供服の誕生

  • 著者:坂井妙子
  • 出版社:勁草書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2016/01/08
  • 復刊リクエスト番号:62832

得票数
27票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

『不思議の国のアリス』や『小公子』から子供服は誕生した。その誕生と普及に絵本が果たした役割と、服に投影された人々の欲望を描く。

【刊行年】初版2007・最終版2009年
【判型】四六判【頁数】256頁
【価格】予価3456円(本体3200円)

投票コメント

服飾史の出版物は時々見掛けますが、子供服という切り口には興味が有ります。ヴィクトリア朝期は文学や美術でもエポックメーキング的なイメージが有ります。是非、読んでみたいですね。 (2016/01/16)

1

子どもという存在が社会に認識される経緯と子供服との関係がヴィクトリア朝という「典型的」イギリス市民社会で、どのように現れてきたのか、興味がある。 (2017/02/27)

0

是非読んでみたい。 (2017/02/26)

0

復刊ドットコムのメルマガで知りました。検索したら、興味深そうな内容なので、一票です。 (2017/02/26)

0

是非とも見てみたい。 (2017/02/26)

0

もっと見る

新着投票コメント

「アリスの服が着たい」のか「アリスの服を着せたい」のか、欲望の主体が気になります。ぜひ読んでみたいです。 (2017/02/28)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/02/27
『アリスの服が着たい ヴィクトリア朝児童文学と子供服の誕生』が10票に到達しました。
2016/01/08
『アリスの服が着たい ヴィクトリア朝児童文学と子供服の誕生』(坂井妙子)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

児童書に関するQ&A

絵本のタイトルを探しています。

27・8年くらい前に、小学校の図書室で読んだ本のタイトルを探しています。 横長でA4位の大きさで、内容が本当にうろ覚えなのですが、じゃじゃ馬な女の子がお母さんにおこられた後位に、異世界に行って冒険をす...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『アリスの服が着たい ヴィクトリア朝児童文学と子供服の誕生』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る