1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『陰陽師と貴族社会(繁田信一)』 投票ページ

陰陽師と貴族社会

  • 著者:繁田信一
  • 出版社:吉川弘文館
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2016/01/08
  • 復刊リクエスト番号:62810

得票数
8票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

平安貴族は、陰陽師や呪術をどのように認識していたのか。安倍晴明ら官人陰陽師や法師陰陽師の実像、医療・呪詛などの職能を解明。

【刊行年】初版2004・最終版2004年
【判型】A5【頁数】352頁
【価格】予価9720円(本体9000円)

投票コメント

陰陽師が職業として成立していた理由、求められた職能とそれが政治にどう活かされていたのかを知ることで、当時の政治の在り方の一端を理解することの助けになる本だと思います。 また、単純に、陰陽師の本当の仕事ぶりについての興味に応えてくれそうで、期待を込めて復刊に投票します。 (2017/01/15)

1

是非読んでみたいと思います (2017/01/15)

0

面白そうだから (2017/01/15)

0

気になるタイトルと内容。書店で売っていたら、思わず手にすると思う。 (2017/01/14)

0

鳥

ぜひ読みたいです。 (2017/01/14)

0

もっと見る

新着投票コメント

陰陽師に興味があるため。 (2017/02/25)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

陰陽師と貴族社会 繁田信一
9,720円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/03/31
『陰陽師と貴族社会』復刊決定!
2016/01/08
『陰陽師と貴族社会』(繁田信一)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

風俗・民俗学に関するQ&A

恐らく30年以上前の本のタイトルが知りたいです

現在38歳の私の小学生時代に教室にあった本のタイトルが知りたいです。 以下、記憶の断片を連ねてみます。 30年ほど前(1970〜80年代)に刊行されていたものだと思われます。 当時たく...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『陰陽師と貴族社会』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る