1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『新装版 世論と群集(ガブリエル・タルド 著 / 稲葉三千男 訳)』 投票ページ

新装版 世論と群集

  • 著者:ガブリエル・タルド 著 / 稲葉三千男 訳
  • 出版社:未來社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2016/01/08
  • ISBNコード:9784624400347
  • 復刊リクエスト番号:62797

得票数
5票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

「公衆と群集」「世論と会話」「犯罪群集と犯罪結社」の三篇を収録。「公衆」概念を解明した集団論やコミュニケーション論の必読文献。

【刊行年】初版1964・最終版2006年
【判型】四六判【頁数】268頁
【価格】予価3024円(本体2800円)

新着投票コメント

ブルーノ・ラトゥール、ジル・ドゥルーズら参照先としての存在感がましてきていること。 デュルケムよりタルドの思想が現代環境とマッチしてると見られること。 (2018/01/10)

0

neu

neu

読んでみたいです。 (2018/01/10)

0

全体主義に興味があり、群集心理について勉強したいため。 (2018/01/08)

0

面白そう。読みたい。 (2017/01/22)

0

cam

cam

本書の復刊もそうですが、タルド三部作の残り二作の翻訳がなされることを強く希望します。 (2016/01/10)

0

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/01/08
『新装版 世論と群集』(ガブリエル・タルド 著 / 稲葉三千男 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

犯罪と刑罰に関するQ&A

30年以上前の国語の教科書。死刑と終身刑どっちが残酷か?みたいな話。

教科書に載っていた外国の短編小説なので、それが全文なのかもはっきりしません。 あるお金持ちのパーティで数人が死刑と終身刑のどちらが残酷?という議論になって、ホストのお金持ちは一生閉じ込める終身刑が残酷...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『新装版 世論と群集』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る