1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『批判と危機 市民的世界の病因論(ラインハルト・コゼレック 著 / 村上隆夫 訳)』 投票ページ

批判と危機 市民的世界の病因論

  • 著者:ラインハルト・コゼレック 著 / 村上隆夫 訳
  • 出版社:未來社
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2016/01/08
  • ISBNコード:9784624020255
  • 復刊リクエスト番号:62789

得票数
2票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

米ソ対立の国家の時代を背景に生み出された市民社会が世界の危機をもたらす啓蒙の必然性を歴史哲学的に批判した市民社会論の古典的名著。

【刊行年】初版1989・最終版1989年
【判型】四六判【頁数】340頁
【価格】予価4860円(本体4500円)

新着投票コメント

bax

bax

思想史と社会学の界面に位置する著者の作品としてリクエスト。 (2017/01/14)

0

mat

mat

必須文献 (2016/02/28)

0

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • 批判と危機 市民的世界の病因論

    批判と危機 市民的世界の病因論

    在庫僅少

    【著者】ラインハルト・コゼレック 著 / 村上隆夫 訳
    【発送】3~6日後

    米ソ対立の国家の時代を背景に生み出された市民社会が世界の危機をもたらす啓蒙の必然性を歴史哲学的に批判した市民社会論の古典的...

    4,860 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2017/03/31
『批判と危機 市民的世界の病因論』復刊決定!
2016/01/08
『批判と危機 市民的世界の病因論』(ラインハルト・コゼレック 著 / 村上隆夫 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

旧ソ連ロシア東欧に関するQ&A

ロシアかブルガリアの童話か

40年ほど前に読んだ本で、ロシアかブルガリアといった国が舞台になっていて、魔法にかけられた男女がでてくる短編集で、その魔法がとても魅力的に描かれていて、そこには馬などの動物も関わっています。そして挿絵が...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『批判と危機 市民的世界の病因論』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る