1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『日本の防衛力再考(兵頭二十八)』 投票ページ

日本の防衛力再考

  • 著者:兵頭二十八
  • 出版社:銀河出版
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2000/06/13
  • ISBNコード:9784906436699
  • 復刊リクエスト番号:626

得票数
142票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

日本が生んだ不世出の天才軍学者、兵頭二十八氏による日本の防衛論。目から鱗とはまさにこのことであり、既成の常識・価値観が根本的にひっくり返される。「ゼロから考える」ことがいかに重要かがよくわかる必読の書。

投票コメント

日本のアカデミズムは軍事学の再興を許していない。日本中の大学を見回しても、唯一、国連大学を除いては、軍事学を開講しているところはない。現在、一般に可能な軍事学へのアプローチは、碩学である著者の労作を手にすることだけである。軍学書を手に雌伏の時間を過ごし、日本の再興を期するものである。 (2007/12/01)

1

日本の国防を本気で考えるなら、兵頭二十八の国防論を避けて通 ることはできません。本書も知らずに単純な核武装論を主張する 者がわいて出る今だからこそ、国防を考える者が必ず読み、本書 の議論を叩き台として真の国防を模索しなければいけない……そ んな本だと思います。 今この時、国民や政治家の大多数が本書にアクセスできないこと が悔しくて残念でなりません。一刻も早い復刊が待たれます。 (2006/10/17)

1

日本は防衛政策そのものをロクに考えずに戦後60年が経過しましたが、 現実はそのような甘い考えではとても生き抜けない、そういった 地域に位置するわけです。防衛論は今、特に必要とされる分野ではないでしょうか。 (2005/11/16)

1

兵頭氏の著書は日本人が持つ(持っているかどうか極めて怪しいが…)軍事に対する常識を覆し、日本以外の諸外国は当然のように理解している、軍事ついての思想・知識を改めて認識するには最高の著書の1つであると思う。 (2005/08/17)

1

兵頭二十八氏の原点ともいえる作品ですから。 安全保障問題が議論されていますが、ここでも原点に返る必要があるでしょう。『日本の防衛力再考』は安全保障問題を考える上で参考になると思います。この作品はインターネットでもダウンロードできるそうですが、やはり書籍として再度世に問うて欲しいですね。 (2004/02/19)

1

もっと見る

新着投票コメント

読みたい (2013/06/01)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2003/12/01
『日本の防衛力再考』が規定数に到達しました。
2000/06/13
『日本の防衛力再考』(兵頭二十八)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2008/02/12
「日本の防衛力再考」にリクエストをくださった皆さまにお知らせです。

ブッキングのスタッフ会議で復刊にあたっての調査を開始しました。
新たな情報が入り次第、こちらのブログにてお知らせいたします。
2003/12/01
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

軍事に関するQ&A

日本人でベトナム戦争に従軍した方の体験記

日本人でベトナム戦争に従軍した方の体験記だったと思うのですが… 数年前に某作家の個人宅がTVで公開されたのですが、その時に書斎にあった本のタイトルに興味惹かれて、その時すぐ検索したのですが、既に絶版だ...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『日本の防衛力再考』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

  • MANGA ARTS

TOPへ戻る