1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ジャンヌ・ダルク復権裁判(レジーヌ・ペルヌー 著 / 高山一彦 訳)』 投票ページ

ジャンヌ・ダルク復権裁判

  • 著者:レジーヌ・ペルヌー 著 / 高山一彦 訳
  • 出版社:白水社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2015/01/08
  • ISBNコード:9784560028384
  • 復刊リクエスト番号:61306

得票数
9票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

英雄か異端か。少女を火刑に処して25年、その正当性を問い直す裁判の中で、幼年期や最期の姿、前判決を破棄するに至った様子を描く第一級資料。

【刊行年】初版2002・最終版2004年
【判型】四六判【頁数】370頁
【価格】予価4104円(本体3800円)


投票コメント

ジャンヌ・ダルクの実証研究は歴史が浅いが、中世史の権威であるペルヌーの解説は初めて安心して読めるもので、必読欠くべからざる名著。日本人の西洋中世史家高山一彦教授はご自分でも「ジャンヌダルク処刑裁判」という、当時の裁判記録資料に基づく素晴らしい著作があり対になる「復権裁判」の為には最適の翻訳者である。ジャンヌのファンは少なくない我が国だがきちんと実証的な書物を読んだ上で論じるのがジャンヌへの礼儀というものでしょう。白水社は「処刑裁判」「復権裁判」ともに再販を是非お願いしたくリクエストします。 (2015/01/08)

1

興味があります。 (2016/02/28)

0

あったほうがいい。 (2016/02/28)

0

へぇ~、こんなのがあるんだ。知らなかった・・・ 大変気になる内容です! (2016/02/28)

0

読みたい (2016/02/27)

0

もっと見る

新着投票コメント

こうまで永く語られ続けるのは何故か。ダルクその人は?題材としては?また、同一の者が揚げ下げされる背景、就中揚げ下げする者共のこと。を知りたい。 (2016/02/28)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2015/01/08
『ジャンヌ・ダルク復権裁判』(レジーヌ・ペルヌー 著 / 高山一彦 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『ジャンヌ・ダルク復権裁判』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る