1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ありんこアフター・ダーク(荒木一郎)』 投票ページ

ありんこアフター・ダーク

  • 著者:荒木一郎
  • 出版社:河出書房新社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2001/10/21
  • ISBNコード:9784309003641
  • 復刊リクエスト番号:6124

得票数
40票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

元祖マルチタレント、荒木一郎の作家としての代表作であり知ら
れざる傑作長編。内容は1960年代前半の東京を舞台とした著
者の自伝的青春小説。川本三郎氏絶賛!1984年発表。


投票コメント

この頃荒木さんの名曲をラジオで知った者です。 今まで知らなかった事が大変悔やまれると同時に、未だご健在で、色々な事に精力的に活動なさっているのに感服しました。。生き様から勇気をもらっています。私を含め、荒木さんが積極的にメディアに出ていた頃を知らない人達のためにも、このような多才な方の著書を是非復刊させてほしいと願っています。勿論作品は売れたら最高ですが、売り上げに関係なく、良いものを残すというのは出版社の本業だと思います。まさにこの本にはそうしてほしい。荒木さんの作った者は全て見ておきたいという情熱で、一票投票させて頂きます。皆さんもどうぞ投票してください。 (2011/02/21)

1

最近、荒木一郎の映画作品の連続上映会で、俳優荒木一郎を知り、その天才ぶりに感動いたしました。 そして、俳優以外の彼の活動についても知りたくなりました。 ぜひとも、作家としての作品も体験したのです。 宜しくお願いいたします。 (2006/06/30)

1

荒木一郎氏のファンです。 図書館で借りて一度読みましたが、自分の手元に是非おきたい(表紙などもモダンで 素敵でした)と思い投票いたしました。(ネットオークションでもなかなか手に入ら ない本なのです。きっと、みんな手放したくないのだと思います) ファンの方だけでなく、広くたくさんの方に読んでほしい秀逸の作品です。 是非よろしくお願いします。 (2006/06/27)

1

才人、荒木氏の小説の代表作として知られていますが、他の作品と異なり、なかなか中古市場で手に入りません。ファンは手放さないでしょうから、今後もその傾向は変わらないと思います。また、氏の音楽作品のCD化がなされ、新作の発表もされたことで、著作の復刊への期待も高まっていると思います。ご検討のほど、よろしくお願いします。 (2004/07/25)

1

勿論僕は初版本を持っています。ただ、当時直木賞候補になり、 大映で映画化の話までいったらしいこの傑作が絶版になったまま なのは残念でならない。近年旧アルバムが全てCDで復刻され、今 年2001年には17年ぶりの新曲「グッドナイトマイフレンズ」を含 む新アルバムを発表し、再評価の高まる才人荒木一郎の名著を是 非このチャンスに復刊して欲しいものです。 (2001/12/19)

1

もっと見る

新着投票コメント

名作を読みたい。 (2014/06/10)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

ありんこアフター・ダーク 荒木一郎
745円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/10/31
『ありんこアフター・ダーク』販売開始しました!
2001/10/21
『ありんこアフター・ダーク』(荒木一郎)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『ありんこアフター・ダーク』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

  • MANGA ARTS

TOPへ戻る