1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『量の測度(アンリ・レオン・ルベーグ 著 / 柴垣和三雄 訳)』 投票ページ

量の測度

  • 著者:アンリ・レオン・ルベーグ 著 / 柴垣和三雄 訳
  • 出版社:みすず書房
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2007/01/06
  • ISBNコード:9784622025375 9784622085904
  • 復刊リクエスト番号:37380

得票数
12票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

判型:A5  発行年月:1976年  
価格:2,730円(税込) (後、価格:3,150円に値上げしたもよう。)

数学の本です。リーマン積分不可能な関数でも
積分できるという、ルベーグ積分を構築した人の書いた本です。

数、量、測るということの基礎から、理論的な
展開まで、ルベーグが数学教師としても第一級の評価を
得ていることがよくわかる本です。

例えば、「数学は経験的な学問である。論理的というわけではない。ただ、他の学問より、あいまいな部分が少ないというだけである。」
などです。とても率直に、現実的に書いてあります。

これって大学数学で躓く多くの学生の助けになると思います。
「数とは何か?」その永遠のなぞに対していろいろ理屈を
述べるのではなく、子供がお菓子を分けることを例にとり、「経験的」と断定しています。

日本の数学者がどうしてこのような「分かりやすい、現実的な」
発言ができないのか不思議でなりません。

ただ、公理系から出発するということを否定しているのではなく、
公理は経験的なもの、と思えば、数学の世界がより広く見えるようになり、
面白くなると思います。


投票コメント

図書館で借りて読みましたが、随所に感動的な言葉が 出てきます。 大学の数学科に入学したら、2年生になったぐらいには、 是非読んでいただきたい本です。 数学科でなくても、解析学に興味を持つ全ての人に勧めたい本です。 また、現代の社会科学系では測度論の必要となる学問は多いですから、 商、経、社などの院に進んだ人にもお勧めです。 (2007/01/06)

1

読んでみたい。 (2011/05/18)

0

この本は復刊してください。 (2011/02/14)

0

ルベーグ自信の本は読んでおきたい (2011/01/29)

0

歴史的な著作。復刊してください。 (2011/01/26)

0

もっと見る

新着投票コメント

碩学の声を聞いてみたい。 (2016/08/19)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

  • 量の測度 新装版

    量の測度 新装版

    在庫僅少

    【著者】アンリ・ルベーグ 著 / 柴垣和三雄 訳
    【発送】3~6日後

    本書は、数学と数学教育との接点における「量」の根本原理を、著者自身の教育経験にもとづいて明快に解説したものである。著者ルベ...

    4,104 円 (税込)

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2016/10/27
『量の測度 新装版』復刊決定!
2011/01/26
『量の測度』が10票に到達しました。
2007/01/06
『量の測度』(アンリ・レオン・ルベーグ 著 / 柴垣和三雄 訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

科学・技術に関するQ&A

全巻並べると、背表紙に虹

30年ほど前に、実家にあり、愛読しておりました。 なかなか、探しても見つからず、困っています。 動物や、人体や、未来、12館ほどあったと思います。 全巻を、順番通りに並べると、虹があらわれ...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『量の測度』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る