1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『虫穴移送放送 桃源支局(水杜明珠)』 投票ページ

虫穴移送放送 桃源支局

  • 著者:水杜明珠
  • 出版社:集英社
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/07/06
  • 復刊リクエスト番号:34473

得票数
15票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

ヴィシュバノールにもちょこっとだけ記載があります。
コバルト本誌に2話掲載されました。
単行本化お願いします。

投票コメント

とても大好きな作家さんで、有名なヴィシュバノールよりもこちらの作品がかわいらしくて好きでした。 探せば雑誌から切り抜いたものが出てくるかなぁ…。 ぜひともこちらも皆さんに読んでいただきたい作品ですし、ぜひ読みたいです! よろしくお願いいたします。 (2013/03/29)

1

存在をしりませんでした! 著作はヴィシュバ・ノールだけで残念と思っていたので、ぜひ読んでみたいです。 (2015/12/20)

0

何度読んでもやっぱり好きです。 未収録はもちろん読みたいですが、できれば完結してほしい作品です。 (2014/11/23)

0

ヴィシュバノールシリーズが好きでした。こちらは単行本になっていないとのことでしたので、読んでみたいです。 (2014/05/13)

0

qoo

qoo

とても好きな作家さんですが、これは全く知りませんでした。ぜひ読みたいです。 (2014/05/07)

0

もっと見る

新着投票コメント

当時毎号買っていたコバルトで読みました。 主人公が可愛くて、大好きでした。 わけあって雑誌は処分してしまいましたが、ページのコピーだけは取りました。ぜひ、書籍化してほしいです。 (2016/04/01)

0

もっと見る

投票する

読後レビュー(1件)

  • こももさんの奮闘記

    tareho 2016/04/06

    虫穴(ワームホール)移送放送局とは、距離や時間、空間を超えて様々なモノ(形のあるなしにかかわらず)移送するための放送局で、主人公の李小桃(すももこもも)はそこで働く通信士です。コバルトノベル大賞受賞作である1話目は、放送ミスをした小桃、ミスは修正できるのか?という話。二話目はバレンタイン企画の短編で、女の子たちの想いを贈るために大忙しの小桃。さて、自分自身の想いは?という話です。
    もとなおこさんのイラストも可愛くて、イメージにぴったりでした。

    0

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2013/09/29
『虫穴移送放送 桃源支局』が10票に到達しました。
2006/07/06
『虫穴移送放送 桃源支局』(水杜明珠)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

日本文芸に関するQ&A

怪奇小説短編集

確か怪奇小説の短編集に収録されていたものの一つだと思います。 文庫本で図書館で借りて読みました。 男女のカップルとちょっと変わった女友達が出てきます。この三人が暮らしている街には 幽霊が出るという...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『虫穴移送放送 桃源支局』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る