1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『死神の館(テリー・プラチェット)』 投票ページ

死神の館

  • 著者:テリー・プラチェット
  • 出版社:三友社出版
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2006/06/04
  • ISBNコード:9784883226214
  • 復刊リクエスト番号:34122

得票数
26票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

あまりの不器用さに、家業である農業はとても無理だと判断した父親は、息子のモルトを奉公に出すことに決めた。
街の市場でなんとか奉公先を探そうとしたモルトと父親だったが、とうとう真夜中になるまで雇い主は現れず、半ばあきらめたところへ騎乗の男がやって来る。
しかし、念願の雇い主の手は真っ白な骨に過ぎず、目深に被ったフードの中の髑髏には深い眼窩。
モルトは死神の弟子として新たな人生を歩み始めることになったのだ・・・

ファンタジー大国イギリスで、最も人気のあるユーモア・ファンタジー「ディスクワールド」シリーズの中でも最も人気が高いタイトルです。

参考サイト: 日本ディスクワールド普及委員会
http://fantasialab.fem.jp/dw/

投票コメント

ディスクワールドと言う世界もさることながら、死神、モルトらの登場人物が生き生きと書かれています。分類からするとアンノウンタイプのファンタジーと言うことになると思います。ザンスのシリーズがお好きなら気に入るんじゃないでしょうか。なぜ日本で受けないのか納得いきません。ちなみに「ディスクワールド騒動記」よりまとまりも良くお勧めです。 (2008/10/12)

1

一度、図書館で読んだのですが、どうしても手元に置いておきたい本です。この本に限らず、未訳作全て読んでみたい!プラチェット氏のディスクワールドシリーズ作品を読むと、不思議なくらい愉快な気分(としか表現できない)になるのです!いいとこで急に登場する死神さん、大好きです。もっと広まって欲しいから、ぜひ復刊してほしい! (2007/04/22)

1

この物語に登場する死神の性格が面白くて、読んでいて、とても愉快です。 ディスクワールドシリーズは、まだ全ては読んでいはいませんが、きっとどれを読んでみても面白いと思います。 まだ読んでいない人には、ぜひお勧めしたいです。 (2007/03/28)

1

大学時代、友人に勧められて読んだことがあります。すごく面白くて、読んだ後すぐに「私も買いたい!」と思ったのですが、絶版だという事実を知ってショックを受けました。 今回、友人より「復刊ドットコム」様の存在を教えて頂き、ぜひこちらの書籍を復刊して頂きたいと思って投票致しました。何卒よろしくお願いします。 (2006/10/03)

1

テリー・プラチェットの本は「天才ネコモーリス」しか読んでませんが、とても良い本でした。「ディスクワールド」シリーズも読んでみたいのですが、手に入りません。是非シリーズ全部購入できるようにお願いします。 (2006/08/21)

1

もっと見る

新着投票コメント

レンタルDVDで『ナイトメア・オブ・クリスマス』を見て、死神やその他キャラ、世界に興味を持ちました。特に死神が大好きで、『ディスクワールド騒動記』から登場する、死神の心境の変化が好きなんです。『死神の館』は心境変化の始まりの話で…。お気に入りなんです。 死神なんて、普通、出会いたくない存在ですが、この世界の死神は、死んだら是非とも迎えに来てほしいと思えるような、自分が(魂を)刈っている人間に興味を持ち、考え、(人を)好きになりつつある死神だと思っています。 (2012/09/07)

1

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2006/06/04
『死神の館』(テリー・プラチェット)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『死神の館』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る