1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 児童書・絵本
  4. 『家なき少女 新編少女世界名作選(エクトゥール・マロ 徳永寿美子/編訳)』 投票ページ

家なき少女 新編少女世界名作選

  • 著者:エクトゥール・マロ 徳永寿美子/編訳
  • 出版社:偕成社
  • ジャンル:児童書・絵本
  • 復刊リクエスト開始日:2001/02/10
  • ISBNコード:9784035371908
  • 復刊リクエスト番号:3078

得票数
99票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

アニメペリーヌ物語の原作本です。昨年の復刊版と異なり、子供も読める物です。

投票コメント

徳永寿美子は私のおばあちゃんです、幼稚園の時かな?新幹線が開業した時に荻窪まで会いに行った記憶はあるんだけど、そして小学校三年生の時かな、死んじゃったのが、だから殆んど覚えてないんです、元々本はあんまり読まなかったから、うさぎのせんたくやしか持ってないんです。 (2004/03/14)

1

昔TVで放映されていた『ペリーヌ物語』。夢中になってみてました。 ぜひとも原作を読んでみたいと思いながら、オープニングに載ってる原作のテロップはあまりにも小さく、原作名が読み取れるのが精一杯。とても出版社までは分かりませんんでした。 今のようにインターネットで調べる事も出来ません。 そうこうしてる間に、廃版となってしまったのでしょう。 復刊されるのであれば、絶対買います!新しいものばかりが良いものではないんです!年代が古いだけで、どんな世代も面白く感じる作品があると思います。これがその作品と信じます。よろしくお願いします。 (2003/12/09)

1

小学校5年か6年の時に学校の図書館で見つけて読みました。 当時、私はかなりの本好きで暇さえあれば本を読んでいました。 たくさん読んだ本のなかでもこの本は特にお気に入りで何度も繰り返し読んだ記憶があります。主人公が旅をする上で経験する出来事は当時の私にはとても新鮮でした。 今でも大体のストーリーは覚えているのですが、また読みたいのです。 (2003/10/26)

1

子供の頃、話の展開にわくわくしながら、一気に読みました。 自分の本ではなかったので、大人になって本屋や図書館を探しましたが、見つからず現在も尚、探しています。 あの本から学んだ、自らの力で生きて、生活することの大切さは、今も心の奥にしっかり根付いています。 家なき子にはない、明るさのようなものを、子供心に与えてくれました。 (2003/02/18)

1

小学生の頃に学校の図書室で借りて読み、とても面白かった覚えがあります。夏休みや冬休みの長期貸し出し期間の度に借りては何度も読んでいました。 「家なき子」は今でも様々な出版社から世の中に出回っているのに「家なき少女」が絶版されているのには正直納得がいきません。なぜ男の話が残って女の話が廃れていくのでしょうか。主人公の清く正しく逞しく生きる姿は、ぜひとも後世に伝えるべきだと思います。 (2002/10/04)

1

もっと見る

新着投票コメント

TVアニメーションで見ていた「ペリーヌ物語」が「家なき少女」だということを最近知りました。 図書館で借りて読みましたが、「家なき子」だけでなく「家なき少女」も出版し続けてほしい名作だと思います。 (2014/01/14)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/01/14
『家なき少女 新編少女世界名作選』が100票に到達しました。
2004/07/13
『家なき少女 新編少女世界名作選 』が規定数に到達しました。
2001/02/10
『家なき少女 新編少女世界名作選』(エクトゥール・マロ 徳永寿美子/編訳)の復刊リクエスト受付を開始しました。

最近の復刊活動

2004/07/13
復刊交渉決定
交渉情報はもうしばらくお待ちください。
公開可能な交渉情報がございましたらすぐにご連絡します。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『家なき少女 新編少女世界名作選』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る