1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 専門書
  4. 『イッテイ 13年式村田歩兵銃の創製(兵頭二十八)』 投票ページ

イッテイ 13年式村田歩兵銃の創製

  • 著者:兵頭二十八
  • 出版社:四谷ラウンド
  • ジャンル:専門書
  • 復刊リクエスト開始日:2005/09/04
  • ISBNコード:9784946515231
  • 復刊リクエスト番号:30585

得票数
10票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

兵頭先生の事を「日本の高塔」と云う本で知り、「イッテイ」と云う、実に素晴らしい本に出会う事が出来ました。復刊ドットコムには「たんたんたたた」や「有坂銃」が登録されているのに、その三部作とも言える「イッテイ」が登録されていない様なので不思議に思い、ここに初登録致します。日本の銃で一番有名な「村田銃」の誕生秘話について、現在分かりやすく書かれた劇画(画:小松直之氏)は、これが唯一だと思います。四谷ラウンドが残念ながら倒産してしまった様なので、入手困難で古書店でも、非常に高価な値段にて取引されている様ですが、軍事マニアなら、南部式や有坂銃について詳しい方も多いでしょうが、日本陸軍兵器の原点である「村田銃」について学びたいと云う人も結構多いと思います。尚、当書を池袋の某J書店にて探していた時、なかなか見つからず、店員さんに「イッテイって云う本、有りますか?」と尋ねたところ、「エッ!(あんな本を欲しいと思っている奴が、自分の他にもゐたのかと云う感じで)」と心の底から驚愕され、奥の方から、最後の一冊(秘蔵?)だと云う「イッテイ」をニヤニヤしながら持って来て呉れました。兵頭先生の魅力が伝われば倖いです。兵頭先生の初期作品は、元々部数が多くなく、且つ出版社倒産のため、マニアが一度でも所蔵すると(良資料の為)決して手放さないので、法外な値段になっていると分析致します。ちなみに当方、村田男爵のサイン(貴族院議員の委任状の署名部分切り抜き)を、御徒町:上野文庫にて入手し、額に入れて飾ってあります。軍事マニア冥利に尽きます。もし宜しければ、当方の他のリクエストも是非御高覧ください。特に兵頭先生の「日本の高塔」を推薦します。尚、「たんたんたたた」「有坂銃」「イッテイ」この「戦前造兵三部作」全てが復刊してこそ、意味があると思っています。恥ずかしながら、絶版だった事実をつい先日知りました。これ程の良資料が絶版になる筈無いと信じていたので。東京池袋:某J書店にて入手(戦時史料多数登録中) ※ 古書店での入手難易度 ★★☆☆☆

新着投票コメント

読んでみたいです (2015/04/22)

0

とにかく欲しいし読みたいし、多くの人に読んで貰いたい。 (2010/04/18)

0

各所でちらほら言及を目にしますが実物が不明です。是非、復刊させたいです。 (2008/08/31)

0

読みたいです! (2008/05/30)

0

gen

gen

火器について個人的に研究しております。 (2008/05/20)

0

もっと見る

投票する

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2015/04/22
『イッテイ 13年式村田歩兵銃の創製』が10票に到達しました。
2005/09/04
『イッテイ 13年式村田歩兵銃の創製』(兵頭二十八)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

歴史・地理に関するQ&A

明智光秀が討ち取った信長の首で〇〇する歴史小説

今から20年くらい前に出版された歴史小説です。「信長の〇〇」か「〇〇の信長」というタイトルでハードカバー上下巻だったようです。ラストのほうで、信長を討ち取った光秀が、その首を使って口淫する内容でした。他...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『イッテイ 13年式村田歩兵銃の創製』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

  • MANGA ARTS

TOPへ戻る