1. TOP
  2. 復刊リクエスト
  3. 文芸書
  4. 『ファービアン(エーリヒ・ケストナー、小松太郎)』 投票ページ

ファービアン

  • 著者:エーリヒ・ケストナー、小松太郎
  • 出版社:発行所=筑摩書房
  • ジャンル:文芸書
  • 復刊リクエスト開始日:2004/02/18
  • ISBNコード:9784480024589 9784622078777
  • 復刊リクエスト番号:22623

得票数
22票

関連キーワード : [キーワードの編集] help「キーワードの編集」のリンクから、関連キーワードの追加/削除が行えます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

リクエスト内容

タバコ会社に勤める32歳のファービアンは、失業者が増加し争いごとの絶えない騒然とした世の中を憂い、悶々とした日々をおくっていた。そんな彼に突然の解雇辞令、親友の自殺、恋人の身売りと次々に不幸がおそいかかる。失意の心を抱いて故郷へ帰った彼はそこで…。詩情的なかおりとユーモア、鋭い皮肉、揶揄、エレガントな機知と絶望的なメランコリー。ケストナー独自の才能をすべて盛りこんだ、唯一の本格的な長編小説。

投票コメント

光文社古典新訳文庫のケストナー『飛ぶ教室』を翻訳した丘沢静也氏が同書巻末で触れられていたケストナーの作品。『ファービアン』は『ファビアン』という題でも邦訳されてきたが、ちくま文庫版『ファービアン』は古書では最低1000円程度する。他の文藝春秋社版、東方出版版、新潮社版などをみても、定価の何倍もの値段にまでなっており入手は容易でない。 ある作家の作品の新訳が世に出れば、それに引き続いて起こるのは、それまでその作家を知らなかった人々がその作家に注目し始めるという現象だ。上の例でいえば、『飛ぶ教室』の新訳をきっかけにしてケストナーの作品に目をむけるようになった人である。わたしもその一人だ。 ぜひ、復刊してほしい (2012/03/01)

1

世界的大不況が空前の勢いで広まるまさに今の時代(2009年現在)にこそ読まれるべき小説だと思う。そこで我々は何を目指し、何を忘れてはならないのか。今こそ復刊の絶妙のタイミングであると思う。売り方次第でかなりの部数を売る事が可能だろう。 (2009/02/26)

1

私も図書館で借りて読み、何故この本が絶版なのか?と身悶えしました。ケストナーというと児童文学の印象が強いですが、大人向けの小説や詩にも、とても秀逸なものがあります。もっともっと見直されてしかるべきだと思います。ぜひ復刊を! (2004/08/07)

1

子供の頃はケストナーと意識せず、結構読んでいましたが 何十年も前の事。 こんな作品があると知り、単純にとても読みたくなりました。 (2014/11/07)

0

ケストナーは一目置いています。 (2014/11/07)

0

もっと見る

新着投票コメント

昔はこういう本は文庫でどこの本屋さんにも並んでいたと思うのですが。 (2016/03/18)

0

もっと見る

投票する

このリクエストの関連商品(1件)

タイトル

著者名

価格

販売サイト

ファビアン:あるモラリストの物語 エーリヒ・ケストナー 著 / 丘沢静也 訳
3,888円 amazon.co.jp

※こちらの商品は販売先の状況によって品切れになる可能性があります

すでに本をお持ちの方は是非レビューをお寄せください。

レビュー投稿はこちら

ニュース

2014/10/31
『ファビアン:あるモラリストの物語』復刊決定!
2004/02/18
『ファービアン』(エーリヒ・ケストナー、小松太郎)の復刊リクエスト受付を開始しました。

スポンサーリンク

この本の復刊活動にご賛同の方はリクエスト投票をお願いします

投票する

※当作品の復刊が決定した場合、投票者の方は、購入時のTポイントが5倍になります。詳細はコチラ!

amazonリンク

amazon.co.jp

海外文芸に関するQ&A

海外警察小説で、五年以上前に読みました。新作ではありませんでした

タイトルを教えて下さい。 あらすじは、娘が失踪して、母親が憔悴します。 警察が色々調べて、最後の最後に、母親が殺しを自供します。 その自供が鬼気迫っていて、長い独白で、少し狂気じみてい...

ブログパーツ helpブログパーツは、ブログのサイドバーなどに設置できる小さなパーツです。 フレーム内のテキストを貼り付けることで、あなたのブログに下の画像付きリンクが表示されます。

下記のテキストを貼り付けるだけで、『ファービアン』リクエストの最新情報をブログに貼り付けられます。

TOPへ戻る